!シェアご協力下さい!

ICチップ搭載クレジットカードのメリット

スムーズな決済が可能

ICチップ搭載のクレジットカードは、使い方が非常に簡単。まずは会計の際に、支払方法(1回払いやリボ払いなど)を店員の方に伝えます。

その後、ICチップに対応した端末が置いてある店舗であれば、まずはその端末にカードを差し込んで、端末にあるテンキーでカードの暗証番号を入力して「確認」ボタンを押せば決済が完了です。

一方、ICチップに対応した端末がおいていない店舗であれば、通常通りにカードをスリットで滑らせてカードを読み取らせた後に、サインをする仕様になっています。対応端末がおいてある店舗であれば、ICチップ搭載クレジットカードでの決済は非常にスマートなのです。

VISAカード

偽造されにくい

ICチップ搭載クレジットカードのメリットは、決済がスムーズなだけではありません。クレジットカードで怖いのが、カード情報を読み取ってその情報に基づいてカードが偽造されてしまうこと。そして情報を読み取る手段として代表的なのが、カードの磁気テープ情報を読み取る「スキミング」です。

しかし、ICチップで決済をすれば、情報を読み取ることは極めて難しく、カードの偽造も非常に困難。ICチップ搭載クレジットカードを持っていれば、カード犯罪に巻き込まれる危険性も少なくなります。

おまとめローン

劣化しづらい

従来のクレジットカードで、情報を記録していたのは磁気テープ。磁気テープは、決済で何度もスリットさせていると、磁気が弱まってしまうこともよくあります。

また、バックの金具など、磁力を帯びているところに接触をさせてしまうと、最悪の場合はクレジットカードが使えなくなってしまうこともありました。

しかしICチップは磁気テープよりも劣化しづらく、磁力を帯びているところに接触させても影響ありません。

財布にカード

さいごに

外国ではすでに、ICチップ搭載クレジットカードでしか使えない決済端末も多くなってきています。たくさんのメリットを持ったICチップ搭載クレジットカード、まだお持ちでない方は、検討してみてはいかがでしょうか。

ICチップ