!シェアご協力下さい!

クレジットカード犯罪の手口!

盗難

最も古典的な手口ですが、未だに後を絶たないのがカードの盗難です。これは、特にカードの知識やハッキングの知識がなくても、誰にでもできてしまう犯罪です。

当然ながら対策はカードの管理に十分に注意をする以外にありません。カードはしまい込まず、確認しやすい場所に保管し、不正利用を防ぐためにも本人確認暗証番号は、生年月日など分かりやすいものを避けるようにしましょう。

また、万が一盗難にあった時のために、カード番号の控えをとっておくことも大切です。

犯罪者

スキミング

窃盗よりは少しスキルが必要となる犯罪が、スキミングです。スキミングというのは、クレジットカードの情報を、スキマーという機械を使って盗み取る手口のことです。

盗み取った情報を別のカードに書き込み、別人が何食わぬ顔をして買い物をすることができます。窃盗とは異なり、カードが自分の手元にあるのでなかなか犯罪にあったことに気づきません。

スキミングを防ぐためには、出来る限り支払い時に、目の前でカード操作が見えるお店を選ぶこと。店の奥にカードを持っていかれてしまうと危険です。また、スキミングでも暗証番号までは分からないので、特定されにくい暗証番号を設定しておくことが大切です。

クレジット犯罪

フィッシング詐欺

最近、急速に犯罪被害が増えているのがフィッシング詐欺。これは主にオンライン上で行なわれる犯罪で、カード会社や銀行を名乗った偽のサイトやメールから、登録情報の確認ということで個人情報を入力させて、情報を収集するという手口です。

最近では、SNSやインターネットオークションサイトでも、同様の手口が報告されています。これを防ぐためには、サイトのURLを確認して、本物のサイトのURLと照らし合わせたり、電子証明書の役割を持つSSL(ブラウザの右上などに表示される鍵のマーク)が付いていないサイトでは入力をしない等の対策が考えられます。

しかしこれらも偽装しようと思えば可能で、完全ではありません。一般的に、重要な個人情報の記入をメールで促すようなことはありませんので、そのようなメールが届いたらフィッシング詐欺を疑い、怪しければ問い合わせをするのが確実です。

携帯メール

キーロガー

キーロガーというのは、パソコンのキーボード入力を記録として残すソフトのことです。もともとは、ソフトウェアのテスト用に作られたソフトなのですが、最近ではクレジットカードの番号や暗証番号、セキュリティコードの入手に使われることも多くなりました。

これを防ぐ手立てとしては、定期的にパスワードを変更すること、セキュリティソフトをパソコンに導入すること、そしてネットカフェなど第三者が多く出入りする場所のパソコンで、重要なクレジットカードの情報等を入力しないことです。

PCの前に金