!シェアご協力下さい!

クレジットカードを海外で盗まれた時の対処法

まずはカード会社に連絡

クレジットカードを盗まれたら、まずはカード会社に連絡をして、カードの利用停止措置をとってもらうことが大切です。これをしないと、盗まれたカードで買い物をされたり、キャッシングされたりします。

主な観光地では、カード会社専用のフリーダイヤルを開設しているので、そこに電話をするといいでしょう。ただし、携帯電話からですとお金がかかる場合、あるいはつながらない場合もありますので注意してください。

基本的には現地のデスクにつながりますが、現地にデスクがない時などは日本に電話をすることになります。この際も、コレクトコールを受け付けてくれるところが多いので安心です。

JCBでは、主な観光地に「JCBプラザ」を設置していますので、そちらを訪れるのが手っ取り早いです。JCBプラザは、世界の主な都市に設置された海外サービス窓口であり、現地の観光情報の提供や各種手配、そして緊急時の対応をしてくれる窓口です。歩き疲れた時の、休憩スペースとしても利用可能です。

悩む外国人

次に警察に連絡

次に行うべきことは、現地の警察に盗難届けを出すことです。ただ、盗難届けが受理されると、警察は捜索してくれますが、海外では見つからないことも少なくありません。それでも警察に盗難届けを出した方が良いのは、カードの捜索をしてもらうことよりも、カード被害を補償してもらうのに必要だからです。

盗難届けが受理されると、警察は「盗難届証明書」を発行してくれるのですが、これがカード被害にあった時の補償に必要となるのです。「どうせ見つからないから警察に届けなくてもいいや」ではいけません。

海外専用緊急再発行カードを発行する

カードを盗まれてしまって一文無しになってしまっては、帰国できないかもしれません。そんな時、カード会社によってはカードを緊急で再発行してくれるところもあります。

例えばJCBカードでは、主な観光地に設置されたJCBプラザで、海外専用緊急再発行カードを発行してくれます。即日発行してくれるところもあれば、受け取りまで数日かかるところもありますが、カードが手元に返ってくるのは非常に助かります。

海外での再発行については、事前にお手持ちのカード会社のサービスを確認しておきましょう。

財布にカード