!シェアご協力下さい!

クレジットカードの年会費を節約!

リボ払いにする

クレジットカードの年会費を節約するには、まずリボ払いにすることです。リボ払いとは分割払いの一種ですが、毎月決まった金額を支払って支払い総額に応じて返済回数が増減する支払方法です。

最近のカード会社は、リボ払い専用のカードを発行してポイントを多くつけるなどしてリボ払いに力を入れています。そしてリボ払いをすると、年会費が割引もしくは無料になるケースが多いので、利用する価値はあります。

しかしリボ払いには手数料がかかりますので、手数料を支払わないために一括で繰り上げ返済をすれば、ポイントを多くもらえる上に手数料もかかりません。

分割

カードを使って年会費無料

次に条件付年会費無料カードです。この条件は、おおむね「カードを利用すること」であり、カード会社によっては「年1回でも利用すれば翌年度の年会費無料」から、「年間50万円以上利用すれば翌年度の年会費無料」まで、条件には幅があります。

条件が厳しければ厳しいほど、ポイントの還元率の高いカードの可能性がありますので、是非条件をクリアしたいものです。しかし条件をクリアしないと年会費を取られてしまいますので、自分がそのクレジットカードで年間どれくらい利用するのかを見極めることが重要です。

スキャン

家族カード

また、家族カードを発行してもらうという手もあります。「家族カード」とは、クレジットカードの本会員に付随して発行されるカードのことです。スペックやステータスの高いクレジットカードに、家族カードがついている傾向があります。

本会員は年会費がかかっても、家族カードの年会費が無料のケースが多いです。年会費が無料である上にスペックやステータスが高いので、家族カードは持っていて損はないでしょう。

白いクレジットカード

学生カードや20代限定カード

年齢限定のクレジットカードも、年会費が無料のケースが少なくありません。学生限定や20代限定のクレジットカードなどは、年会費が無料であるばかりでなくレギュラーカードよりもポイントがたまりやすい仕組みになっているものも多いです。卒業したり30歳になったりすると、自動的にレギュラーカードに移行となりますので注意してください。

もちろん、年会費がかかってもたまるポイントが非常に魅力的であれば「損して得取れ」です。しかし、年会費無料のカードにはスペックの高いものも増えてきていますので、カードを持つ際には候補に入れておきましょう。

勉強する子