!シェアご協力下さい!

クレジットカードの年会費を比較!

年会費はクレジットカード会社の収入源

まずそもそもですが、クレジットカード会社の収入源は主に2つ。クレジットカードの利用者が加盟店でカード決済をした際に、その金額の数%を徴収する手数料、そして利用者からの年会費です。

当然ながら、年会費はクレジットカード会社の貴重な収入源となっています。

アメックス

年会費無料のクレジットカード

しかし、利用者が年会費を支払いたくないと考えているのも事実ですので、最近では年会費無料のクレジットカードが続々と登場してきています。特に顕著なのが、流通グループで発行しているクレジットカードです。

例えば、インターネットショッピング大手の楽天が発行している「楽天カード」がそれにあたります。楽天カードは年会費が永年無料でありながら、国内や海外旅行の傷害保険まで付帯しているなど、スペックも充実しています。還元率も1%、つまり100円利用ごとに1ポイントが溜まるという、非常に優秀なカードなのです。

しかしなぜ、年会費を無料にできるのかといえば、それは他で利益をあげているからです。カードによってユーザーをグループ内に囲い込み、グループ内の別サービスでお金を使ってもらいたいんですね。

まさに「損して得とれ」というわけですが、実際にそのグループのサービスを多く利用する人にとっては、お得な仕組みですよね。

PCから手

条件付の年会費無料のクレジットカード

とはいえ、クレジットカードを発行しても1度も使ってもらえなければ、カード発行の手間がかかる分だけカード会社にとっては損です。そういったリスクを回避するため、最近増えているのが「条件付で年会費無料のクレジットカード」です。

条件については様々ですが、最も多いのが「カードを使うこと」を条件に、年会費を無料とするもの。例えば年に1回以上使えば良いというカードから、年に50万円以上使わなければいけないというカードまで、頻度に関してはこれも様々です。

今人気が高まっている「レックスカード」は、初年度の年会費は無料ですが、年間50万円以上使わないと、年会費2500円プラス消費税を支払わないといけません。年会費が永年無料の「レックスカードライト」もありますが、こちらは還元率の点で「レックスカード」に見劣りします。

確実に年間50万円を使う人であれば、レックスカードで年会費が無料、しかも還元率も高く、うれしいことづくめなわけです。

このように、必ずしも年会費が無料だからお得というわけではなく、ご自身の用途や頻度に応じて選択することが大切です。

VISAカード