!シェアご協力下さい!

クレジットカードの審査の難易度と攻略法

クレジットカードの機能

クレジットカードの機能には、ショッピング用途とキャッシング用途に使われるものがあり、クレジットカード会社から現金の借り入れが行えるものが、キャッシング機能です。キャッシングは、あくまでも借入を行うもので、後日返済するものですから、返却日までには利息とともに返済しなければなりません。

利息の利率が低ければ低いほど、利用者にとって格安という事になりますが、法律の制約上18%以上の年利は違法となっています。ショッピング用途とされるものには、サービスや飲食代なども含まれ、これらも独立した一つの商品と見なされますので、クレジットカードの利用での支払いが認められています。

ショッピング機能の仕組みは、利用者が商品の購入によって発生した代金を、カード会社が立て替えて店舗側に支払うという方法が取られているものです。利用者はカードを提示し、分割払いやリボ払いの選択を行ないますが、厳密には利用者が支払っているのではなく、カード会社が支払っている事になります。

利用借入金と似たシステムですが、大きく違うのが利息を支払うのではなく、手数料の支払いというところが大きく違うものです。

携帯でキャッシング

審査が行われる理由

クレジットカードを作る場合、タイミングも非常に重要なポイントとなります。本人の都合や、スカウトされて別会社に入社した場合、審査が通らないという事も起こり得る事で、退社前に作っておけば良かったと思い悩むものです。

クレジットカードの審査は、カード会社によって審査内容が違いますが、その通過率の難易度は銀行系、流通系、信販系、メーカー系、消費者金融系などによって変わって来るものです。しかし、この審査の厳しさは同時に金利にも反映されており、ジャッジが厳しいところほど金利が安いという傾向もあります。

カード会社も単なる親切心で、こうしたサービスを行っているわけではなく、業務の一環で行いその利息が売り上げになりますので、返済可能と思われる使用者にしか貸したがらないというのも、至極当然の結果と言えるでしょう。

返済が滞ってしまうと、すなわちその額がカード会社の負債にすり替わってしまうというリスクがありますので、自ずと利用者の選別は厳しくなるというものです。

しかし、こうした金利の低く厳しいジャッジが行われている銀行系であっても、その中で利用客を少しでも獲得しようという動きはあります。現在多くのクレカ会社が軒を連ねている為に、利用者獲得の競争率もおのずと、厳しくなっている事も事実なのです。

評価する人

審査の難易度と攻略法

審査の難易度が非常に高いのは銀行系です。銀行系は金利がもっとも低いのですが、まだ社会人になったばかりの人にとっては作成が難しいケースもあるため、3年以上の実績を作って挑戦してみましょう。

オートローン、ショッピングローンといったローンも取り扱っているのが、信販会社が発行するクレジットカードです。銀行系の次に難易度は高いので、社会人になって数年後に挑戦するのが無難と思われます。

百貨店やスーパーや専門店などが発行するのが、流通系のカードと呼ばれるもので、主婦層や学生にフリーター層などを積極的に摂り込んでいるのがその特徴と言えるでしょう。したがって、銀行系や信販系のカード会社よりも、難易度は低いと思われます。

審査の難易度は最も低いのは、消費者金融系のクレジットカードで、同時に一番金利も高く設定されている場合が多いものです。ただし気軽さは一番で、審査は柔軟な応対が多く、年会費無料や最短でも即日発行というメリットは、実績を作るのにも適しているでしょう。クレジットカードの審査に不安がある方は、カードローンの利用となりますが、金利は高めです。

注意点

スコアリングシステム

クレジットカードの審査では、特定のポイントに判断材料が集中している事がわかります。例えば、住居スコアであれば、自己名義の持ち家であれば20点、家族名義なら18点と持ち家の方が、スコアが高い事がよくわかります。続いて、官舎15点、社宅14点、寮13点、賃貸アパートかマンション12点、公営住宅10点、下宿5点と最下位と最高位は3倍のスコア差があります。

点数の多い基準値では、年収と勤続年数借入状況が点数が高く、利用者についての過去の延滞履歴も調べられています。面白いことに、勤め先の会社の規模もその基準で、従業員数も調べられる事になっており、やはり公務員はその中でもかなりの配点が付けられ、地方公務員であっても40点とかなりの高得点です。

いずれの項目も点数が低い場合は、基準に満たないとされる事が多く、0点の項目があれば即落ちです。その中でも要注意と思われるのは、年収が200万円に届かない場合と、借入れ状況が消費者金融業者から3社以上、さらに延滞履歴が3ヶ月以上ある場合は、そのほとんどが審査落ち対象となってしまいます。

クレジットカードの審査は、項目を足した合計点ではなく、各項目の配点が注目されるようで、ブラックリスト入りするような方の場合は、時効まで大人しく待つ必要があり、訴訟を起こされていなければ5年が区切りとなります。

チェックリスト