!シェアご協力下さい!

クレジットカードの5大国際ブランドの特徴

VISAの特徴

日本でクレジットカードブランドと言えば、真っ先に「VISA」が思い浮かぶことでしょう。

しかし、初めて日本にVISAを導入したのは、現在の三井住友カードの前身である住友クレジットサービスです。これが、VISAと言えば三井住友といわれる所以ですね。

実際問題として、日本にあるVISAカードの中でも三井住友ビザカードは、最もブランド力もステータスも高いカードとして知られています。

クレジットカード

Mastercardの特徴

VISAと並んで加盟店数が世界で最も多いのが、マスターカードです。マスターカードと言えば、「プライスレス」と言うキャッチコピーが有名です。

日本ではほぼ同じような使い勝手を誇るVISAとマスターですが、海外によっては若干の違いがあるともいわれています。

ビザはアメリカに強く、マスターはヨーロッパに強いといわれていますが、どちらに行くにしても両方持っていけば何の問題もありません。

カードキャッシング

JCBの特徴

日本が世界に誇る国際ブランド、それがJCBです。さすがに加盟店数ではビザやマスターには及びませんが、日本人が使うには無類の強さを誇ります。

日本国内ではVISAやマスターと同じくらいで使うことができますし、海外であっても日本人がよく行くような観光地であれば同じ程度の使い勝手です。

さらに主な観光地には、JCBプラザというものがあり、観光情報の提供やカードに関する相談なども受け付けているのが心強いです。

たくさんのカード

アメリカンエキスプレスの特徴

アメリカンエキスプレス、略してアメックスは、上記の3つの国際ブランドとは明らかに方針が異なっています。

アメックスは主に富裕層をターゲットとしているので、カードの発行枚数も加盟店もあまり多くはありません。

しかし、JCBと加盟店の開放契約をしているので、JCBの加盟店であればアメックスのクレジットカードも問題なく使えます。特に、旅行やエンターテインメントに強さを発揮します。

アメックス

ダイナースの特徴

最後に、ダイナースです。日本人にとってはアメックスよりも縁遠い印象があります。アメックスは最近多くの人に門戸を開放していますが、ダイナースはさほどではありません。

しかしその分だけ、レギュラーカードでも他者のゴールド並みのステータスがあるともいわれています。レストランに特に強みを発揮するカードです。

レストラン