!シェアご協力下さい!

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの割賦販売

割賦販売とは信用販売のひとつで、支払間隔に応じて週賦と旬賦や月賦に年賦などの方法で、支払い方法を分割して行う方法で、現在のローンと言われる仕組みと同じ方法です。

日本では、江戸時代から行われていた支払い方法のひとつで、離れた場所へ漆器を運び、翌年に代金を回収するという仕組みがあり、その後こうした販売方式が全国に広まっていたとされています。

現在でも月賦の名称が通用するように、近代までこのシステムは使われ、この分割販売の方法は、その後ローンという名称に変わって行きました。当時からこの割賦販売は、様々な方式の支払いが行われており、基本的に商品を受け取った後の、後払い方式での支払いが行われます。

昔の割賦方法には、現在では普通のローンの支払い方法である月賦のほかに、次週に支払いを行う週賦と、四季などの季節の変わり目に支払われる旬賦、そして翌年に支払いを行う年賦というものがありました。

また、前払い制度などもあり、購入者があらかじめ代金を分割しながら販売者に払い込む事で、その代金が一定の金額に達した時点で、対象商品を受け取る積み立て式の販売方法などもあったようです。

カードいろいろ

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みは、3者が揃って初めて運用が行われるもので、このうち1つでも欠けると成り立たないという事が言えます。まず販売者が居て、商品となるものを購入者が買い求め、この購入代金をカード会社が購入者に変わって代金を支払うシステムで、販売者は購入代金を得て、購入者は商品やサービスを得る、そして代わりに代金を支払うカード会社は、両者から手数料を得る事になっています。

一見、クレジットカードの加盟店となっている店舗は、カード会社との契約により、顧客からの支払額から手数料が差し引かれ、損のように見えますが、カードの支払い頻度の高い顧客も出入りできるという事が、集客性に繋がるというメリットもあるわけです。

クレジットカードの加盟店では、通称CATと呼ばれるクレジット・オーソリゼーション・ターミナルの機器をレジに設置しており、この端末でカード情報を読みとる事になります。この端末機器を使用する事で、カード会社とオンラインで通信ができ、カード会社からクレジットカード使用の許可が下りる事で決済が成立するという事になり、店舗側の端末では売上伝票をカード会社に送付するという事が行われています。

スキャン

クレジットラインとは

クレジットカードの作成時には、あらかじめ買い物が行える金額の上限とも言える、利用限度額が設けられており、これをクレジットラインと呼んでいます。これは、利用者への銀行やクレジットカード会社などからのローンやキャッシングなどを受けられる、日々の利用状況を厳格に管理するものをいいます。

ただしこのクレジットラインは、融資を受けられる上限金額の事を意味していますので、利用に伴い発生した利息などに対しては関連の無いものとして扱われます。

また、このクレジットラインとは別に、クレジットカードの加盟店ではカード会員が、カード呈示を受け一定金額以上の買い物をする場合は、加盟店はカード会社に対して、その利用者がクレジット販売を行って良いかの承認を求める事が、義務付けられているものです。

この場合の、承認要求を必要とする一定基準の金額の事を、オーソリ限度額やフロアリミットと呼んでおり、加盟店端末機で自動的にチェックが行われています。カードには、銀行系や信販系があり、百貨店やスーパーにコンビニや専門店などの流通系、メーカー系や中小小売商団体系、スタンド系など様々な会社の発行カードが存在しています。

財布にカード

クレジットカードの機能と種類

クレジットカードには、その系列会社専用のカードと、加盟店であれば海外でも利用できる凡庸タイプのカードがあり、前者は単一目的カードで後者は汎用ハウスカードと言います。

またタイプによっては、割賦可能な分割返済を指定できるカード、国内外で利用できる国際カード、社会福祉や環境保護目的で、カードの売上や収益が、提携先の組織へと一部還元される仕組みの、社会貢献型などがあります。

またT&Eカードは、旅行会社やホテル、レストランといったさまざまな分野の加盟店を持ったサービスです。法人カードとも呼ばれるコーポレートカードは、法人組織に対して一括に発行されるクレジットカードになります。

これは接待や出張などで利用され、交際費その他の経費管理が行えるものとして使われています。また、富裕層が持つカードとして有名な高級カードが、ゴールドカードやプラチナカードと呼ばれるもので、ハイクオリティなサービスと実用性が付与され、年会費も高額です。

クレジットカードの基本的な仕組みは、買い物や飲食またはサービスを受けた際に利用できるもので、発行元の会社によっては、利用状況に応じてポイントの付くサービスが受けられる事もあります。

携帯でキャッシング