!シェアご協力下さい!

クレジットカードでお得にポイントを貯めよう!

クレジットカードのポイントとは

現在ほとんどのカードサービスで利用されているものですが、ポイントプログラムというシステムに事になります。ポイントは一定の条件によって付与されていくもので、事業者はカード所有者に対して、各種の商品やサービスなどの購入金額、または来店回数などに応じて、一定の条件で計算された点数をカード利用者に与えるサービスとなっています。

事業者側はこのシステムを業務のマーケティングの一角と見なしており、利用者はこの点数を貯める事によって、次回以降の購入代金の一部に当てたり、商品と交換する事もできるようになっているわけです。

こうしたシステムは、多くにお企業で利用されており、小売業やサービス業を始めとする専門店系チェーンストアや、ホテルにクレジットカード会社など、あらゆる企業で利用されています。

スーパーや商店などで行われる台紙スタンプや、航空機を利用した際にもらえるマイレージなども、このステムと同一のもので、昔から学校で集められていたベルマークも、基本的にはこうした側面を持つものです。

クレジットカード

ポイント制度の歴史

この制度自体は近年からのものですが、商品に対する特典や割引というものは、昔から行われていたサービス方法のひとつでした。買い物客がお店で品物を購入した場合、店側から特定の割引や余分なサービスを受けたり、購入した品物の量を増やして貰う事で、利用者は多くのメリットを受け、店側は顧客を引き留める方法として、この手法が昔から使われていたのです。

大規模な商店街では、ここでそうしたサービスを行うよりも、商店街そのものの集客率を上げた方が、売り上げにつながるとして、こうしたマーケットでは大きな規模で行われる事も少なくなかったのです。

現在も残る割引券や福引券なども、こうしたサービスの一環で、コンパクトに点数などをまとめられるように、切手型やスタンプカード型のものも、発行されるようになりましたが、現在のカードとデータ化社会を反映して、専用のポイントカードに点数を貯める事で、コストも少なくする事が出来ました。

同時にこうしたサービスを、企業同士の提携でまとめられるようにもなり、クレジットカードにポイントを貯めていくというシステムも、主流になって行ったのです。

ちりも積もれば

クレジットカードのお得なポイント

クレジットカードには、カードのランクが存在している事をご存知でしょうか。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナなどと、グレードがそれぞれあり、利用者が受けられる特典がそれぞれ違います。

利用者として注目手しておきたいのがポイントの還元率で、1%から5%もの差が業者によって差がありますので、買い物で多く利用されている方は、この項目に特に注意して選択して行きたいものです。

中には特定のサービスを利用する事で、10%ものポイントを貰えるものもありますので、利用目的が同じ種類に物であれば、こうしたカードを持つ事をお薦めします。また同じ種類のものとしてマイレージがありますが、これは航空機を利用する方には非常にお得なサービスと言えるでしょう。

還元率は比較的低いものですが、本来の商品などでは無く、運賃に加算されるものですので、実質の割引としての役割を果たすものです。年会費が有料のクレカには、特典が多くつけられている場合も多くあります。実はこの年会費は、ポイントも利用できる事もあり、利用頻度によっては年会費を無料にする事さえできるのです。

グッド

ポイントシステムの問題点

ポイントサービスは、基本的に利用者個人におくられるものですが、業種によっては出張の多い人もおり、出張費のマイルなどを私物化している場合がみられます。また物品の購買担当者などが、会社の金で商品を購入した場合、ポイントを獲得してこれも私物化しているという事もあるのです。

当者がこうして故意に自身のカードにポイントを取得した場合、現状では犯罪扱いされない為に、不平等感が存在する事が否めません。しかし、会社によっては、出張費用の立替をさせているケースも多く、そこには利息が発生してしまいますので、その分のポイント拾得には目をつぶるという考えも無くはありません。

実際には官公庁でも、この扱いが分かれているのが現状で、ましてや一般企業ではこの扱い方は難しいものとして、放置されているようです。またこのポイントが、キャッシュバックとされている現状もあり、課税などの問題点もあるようですが、実際には2重課税となる危険性もあり、現在は非課税扱いです。

クレジットカードのポイント還元は、消費者にとっては大きなメリットとなります。実質割引と同じ効力を発揮しますので、その系列の店を選んで利用する事が多くなり、企業側にも集客力のアップにつながるというわけです。