!シェアご協力下さい!

ブラックリストに載らないためのクレジットカードの使い方

指定信用情報機関とは

指定信用情報機関とは、信用情報提供などを扱っている法人組織の事で、取引を開始する際の個人の経済的信用力とも言える、返済能力を調査するのを目的として設立されている組織の事です。日本国内にはこうした組織が3つあり、それぞれ収集してい織る情報源が分かれているのが、その特徴と言えるでしょう。

まず、日本信用情報機構はJICCと呼ばれている組織で、主にサラ金と呼ばれている消費者金融や信販系会社の顧客データを保持しています。次に株式会社シー・アイ・シーはCICとも呼ばれ、信販会社とクレジット会社系の顧客データの取り扱いを行っているのです。

そして3つ目の全国銀行個人情報信用センターは、全銀協と呼ばれている組織で、主に銀行系の顧客の情報収集を行っており、クレジット利用者はこれら3カ所のいずれかの組織に、自分のデータが収拾されている事になります。

つまり金融機関でのクレジット利用や、キャッシングにローンの利用などを行った際には、いずれかのデータバンクに登録される仕組みが出来上がっており、審査の場合にはこれを利用している事になります。

カードいろいろ

ブラックリストとは

実は一般の方が思われる様な、ブラックリストという名称のデータベースが、実際には存在するわけでは無く、そうした専用のリストが出回るような事はありません。ただし、こうした金融事故を犯したデータは、きちんと保存されており、それは指定信用情報機関のデーターベースに、利用データとともに保存されているものなのです。

記録されているデータの主なものには、利用者の延滞の事実と弁護士や司法書士による債務整理が始まった事実、そして借主に代わって保証会社が代位弁済した事実が記録されるのと同時に、破産や個人再生の記録および、特定調停の申立ての事実が記録される事になっています。

なお延滞の場合は、借主となる本人が、カード会社が貸主に対する支払いを怠り、2か月から3か月以上経過した場合に、貸主の申告によって登録される事になります。

いわゆる、ブラックリストと一般的に呼ばれているものは、クレジットカードの支払いやキャッシングの返済が3か月以上遅れた場合や、自己破産した経験があるもしくは代金を踏み倒しなどが含まれますが、カード会社によって甘い場合もあります。

海賊旗

クレジットカードの正しい使い方

まず最初に知っておかなければならないのは、クレジットカードは使い方次第によっては、諸刃の剣となりうるもので、損得両方の側面を持ち合わせているという事です。クレジットカードは買い物に利用でき、現金を使わない支払い方法ができますので、非常に便利という反面、利用した代金は借入金として利用者の負債になってきます。

基本的には翌月払いとなる事も多く、その支払いが遅れる度にリスクを増すという結果に繋がっている事を理解しておかなければなりません。カード会社は支払いを行って欲しいので、何度も請求書や督促状を送りますが、これを無視する事で将来大きなローンが組めないという結果にもつながって来きます。

これは金額に関係なく、3回以上の延滞でブラックリスト入りするという結果になりますので、少額であっても小まめに返済して行く事が重要です。では逆に返済をきちんとこなしていけばどうなるのでしょう。

カード会社を始めとする金融業者は、利用者が新たに行う融資などの場合、こうした借り入れに関する履歴を必ず調査します。その結果返済状況が滞っていなければ、利用者は優良と見なされ信用度も高くなりますので、新たな融資も受けやすくなるというわけです。

財布にカード

クレジットカードは現金と同じ

クレジットカードは現金と同じで、使用者の利用先がクレジット利用加盟店であれば、どのような商品やサービスでも、支払いサービスを利用する事ができます。場合によっては、現金よりもお得なサービスも受けられるとあって、わざわざクレジットカードを利用する事も多いのです。

このように現金と同様の扱いを受けますので、その扱いには細心の注意が必要となります。長年にわたり、クレジットカードの優良使用者であった場合、利用金額の上限も上げる事ができますので、カード1枚で100万円以上の価値を持っている事も多いのです。

つまり、第三者に渡ってしまい、カード情報が漏れていた場合には、この金額が使われる事になり。所有者本人にその被害が及ぶという、怖い側面を持ち合わせているわけです。クレジットカードの盲点は、ショッピング機能やキャッシング機能を利用した際、その支払いが翌月になるという事です。つまり盗難や紛失に気付かなければ、知らない内に上限額まで利用される事にもなるのです。

クレジットカードは使い方によって、所有者本人が大きなリスクを受ける可能性がある事を、理解しておかなければなりません。その為に対処法として、ショッピング機能やキャッシング機能の上限を、引き下げておく事をお薦めします。

舞うお金