!シェアご協力下さい!

お得なクレジットカード利用方法

お得なクレジットカードは?

クレジットカードは現在ではだれもが1枚は持っているのではないかと思えるほど普及しています。もちろん1枚ではなく数枚持っているという人も多くなっています。ただしクレジットカードはどれも同じということがなくそれぞれで特徴に違いがありますからよりお得なものを持ちたいという人も多くなっています。

お得なクレジットカードというのは、実はとても難しいものとなってきます。利用する人によってお得になるカードには違いがあるため、どのように利用するのかを考えることでよりお得なカードがわかりやすくなるということになります。

お得なカードを1枚持つというのは実は難しいことになりますから、ある程度目的を絞りそれに合わせてお得になるカードを数枚持つというのが理想ともなります。カードの枚数に関しても何枚も何枚もたくさん持っていればそれだけお得なカードが増えるということもありませんからそのあたりも考えた方がよいでしょう。

家計簿

初めて持つならどんなクレジットカード?

現在クレジットカードは数百枚とありますから、どのカードにしたらよいのか全く判断できないという人は少なくありません。特に初めてクレジットカードを持つという場合にはどれにしたらよいのかわからず時には言われるがままに作ったカードを持っているということも少なくありません。

クレジットカードでは年会費もありますからもちろん無料となっているものもたくさんありますが、会費があるものは特にしっかり選択することが必要です。

初めてのカードということなら多彩に利用することができるカードでありバランスのとれたカードであるのかという点に注目するのがよいでしょう。

すでに利用しているような場合には使用によってどういったところに特化したカードがよいのかいう判断も付きやすくなりますが、初めて作るということであれば特化している物よりもトータルでバランスの良いものを選択するのが使いやすいものとなります。

バランスの取れているということは、利用できる場所が多いということもありますがそれだけでなく補償内容がよいものサービスなどが充実しているものといったものとなります。バランスの良いカードは初めてというだけでなくカードに迷っている人やメインのカードを考えている場合にもおすすめです。

クレジットカード

年会費無料のカードがお得?

クレジットカードでは年会費がかかるものと無料となっているものがあります。年会費によってはカードによって違ってきますから実際に利用を考えて比較する必要がありますが、人気となっているのは年会費無料のクレジットカードとなっています。

クレジットカードを持っているもののあまり利用することがないという人もいますからそういった場合には年会費無料であった方が安心となります。利用することもないままに年会費のみを支払うとなると損している気分になるのむ無理のないことですから年会費無料のカードは注目したい1枚となってきます。

ただし、年会費無料であってもその他の面がどうなっているのかも重要なものとなりますから無料というだけで作ってしまうのは避けるようにしましょう。

クレジットカードは、ポイントも重要!

クレジットカードを選択する際に重要となってくるのが還元率です。還元率は簡単に言うと買い物などをした際につくポイントがドレクレイになるのかということになります。還元率が高ければ高いほど同じ買い物でもポイントがたくさんつきますから買い物をするたびにたくさんのポイントをためるということになります。

近年では電子マネーと上手に組み合わせることでよりお得にポイントをためたりすることができますから還元率はとても重要なポイントとなってきます。

ポイント

クレジットカードは組み合わせて

クレジットカードでお得なものを選択するのなら、2,3枚を組み合わせて使用するのがお勧めですがこの時に重要となるのが特徴の違ったものを選択することです。

例えば電子マネーとの組み合わせの相性が良いものを一枚、高還元率のものを1枚といったように組み合わせて持つことでその時々で一番利用価値の高いものを選択することができます。

1枚のみに限定してしまうと場合によってはあまり得した気分にはなれないことも出てきてしまいますから組み合わせてみることを考えましょう。

クレジットカードを使用することができる場所はかなり多くなってきていますからそれぞれの場所でお得なるカードにも違いが出てきます。クレジットカードの内容だけでなく実際に使用する場所などのことも考えることが大切です。

お得なクレジットカードといっても現在では、かなり多くの種類のカードがあるためにどれがよいのかということは使用の仕方によっても違ったものとなってきます。使用目的に合わせつつ2,3枚のカードを上手に使い分けるのがお得になります。

クレジットカード3枚