!シェアご協力下さい!

クレジットカードとは

クレジットカードとは

クレジットカードとは、買い物を行った際に現金と同様の支払いが行えるシステムで、応対するクレジットカードの店舗であれば、飲食代も同様に支払いを行う事ができます。

システムの内容は、利用者がクレジットカード会社の会員になる事で、始めてこのサービスが利用できる事になりますが、利用できる場所は限定されており、小売店がクレジットカードの加盟店である事がその前提となります。

クレジットカード加盟店は、利用者と同じクレジットカード会社と信販会社に加盟している必要がありますので、場合によって取り扱いのなされていない店舗もある事になります。

クレジットカード利用の流れは、商品などを購入した際にカードを提示して、支払い方法の選択を行いサインを行うと、店側は本人であるか、またカードが有効かどうかをチェックし、利用可能であればそこで買い物が完了という事になります。

その後店側は、会員の使った金額をカード会社に請求する為に、利用伝票をカード会社に送付し、カード会社が一定の加盟店手数料を差し引いたうえで、買い物金額を立替払する事になり、請求金額が本人の預金口座から、自動引き落としという事になるわけです。

クレジットカード

クレジットカードの始まり

クレジットカードの始まりは、1950年に発足したダイナースクラブが、世界で最も古いクレジットカード会社であるとされており、アメリカ発祥という事になります。

そのきっかけは、とある実業家がニューヨークのレストランで、財布を忘れてしまった事に端を発したものでした。その後家族に連絡を取り、サイフを届けてもらったおかげで事なきを得ましたが、待たされる屈辱と恥ずかしさで、その後財布が無くとも支払いが行える、クレジットシステムを思いつく事になります。

当初のカードは紙製のカードであり、小さいメモ帳のようなものでしたが、1960年日本ダイナースクラブにより、プラスチックの使用が提案されると、これが現代につながるクレジットカードとなって行きました。

その後大量消費社会に突入した豊かな米国では、現金を持たなくとも品物やサービスを購入できるクレジットカードは、民間の間でも大歓迎される事になります。特に活発だったのが旅行やエンターテインメント業界で、ホテルやレンタカー会社などは、自社カードを次々と発行する事で、バカンス客の囲い込みに活用し始めたわけです。

クレジットカード3枚

日本におけるクレジットカード

日本でこのクレジットカードが生まれたのは1960年の事で、当時の富士銀行と日本交通公社が共に出資してできた日本ダイナースクラブが、日本最初のクレジット会社です。

年代から見てもおわかりのように、1964年に開催される事が決まっていた、東京オリンピックを視野に入れていたと考えられています。現に翌年になると、三和銀行と日本信販が日本クレジットビューローを設立する事になり、共に外国人観光客の受け入れ態勢を整える為に、そのシステム作りは急務だったのです。

現代のプラスティック製の、クレジットカードを考案したのは、日本ダイナースクラブであり、日本発祥だったという事になります。おかげで日本も米国同様に、クレジットカードと経済は比例するかのように発展を遂げ、その後のカード社会を予測するかの如く、一般に広がって行くのです。

このクレジットカードとキャッシュカードは、良く似ていますがキャッシュカードは現金の借り入れを行うもので、買い物にカードとしての支払い機能はありませんが、クレジットカードにキャッシュ機能を持たせる事も可能です。

五輪

クレジットカードの利便性

クレジットカードは、全世界でその広まりを見せると共に、現在ではダイナース、アメリカン・エキスプレス、VISA、MasterCard、JCBの5つが国際ブランドとして認知されています。

これはお互いに提携関係を強めていく事で、その利便性を高め合った結果と言えるでしょう。そのおかげで、このクレジットカードさえあれば、多額の現金を持ち歩く事も無く、海外旅行などでも全世界で利用できますので、現金を持つ危険性も少なくなるというメリットがあるわけです。

とは言え、カードを盗まれてしまうとスキミングという方法によって、簡単にカード情報が盗み出せてしまいますので、盗難や紛失した際には直ぐに届出を行う事をお薦めします。

あたふたしている隙に、カードを使用されて、後日多額の請求書が来るといったことはよくあり、保険に加入していなければその請求が、自身に及ぶ事もありますので、電話でカード会社へと届け出を行います。また海外でこういったトラブルにあった場合には、日本の領事館へ連絡を行います。

クレジットカードはキャッシュカードとは違い、買い物を行う際に利用するものです。現金を持たずに利用できるのは非常に便利の良いものですが、IDやパスワードなどのカードの個人情報が漏れてしまうと大変ですので、自身で防犯対策をきちんと行っていきましょう。

カードキャッシング