!シェアご協力下さい!

セキュリティコードとは

ネットショッピングに便利なクレジットカード

クレジットカードは、実際の店舗でも現金を使うことなく買い物ができる便利なものですが、特にインターネットショッピングにおいて、その力を発揮します。

銀行振り込みなどでは時間がかかり、欲しい商品をすぐに送ってもらうことができませんでしたが、クレジットカード決済ならすぐに決済が完了して、欲しい商品をすぐに送ってもらうことが出来ます。

財布にカード

セキュリティコードとは

インターネットショッピングでクレジットカード決済をする時や電子マネーにクレジットカード決済でチャージをする時に、「セキュリティコードを入力してください」というメッセージを見たことがありませんか。

一見難しいようですが、覚えてしまえばなんてことはありません。クレジットカードの裏面に、自分のサインをする場所がありますが、そのサインスペースの中に数字が印刷されているのが見えると思います。

カード会社によって桁数は異なり、7桁のところもあれば3桁のところもありますが、基本的には下3桁の数字が「セキュリティコード」であり、入力を求められたらこの数字を入力してください。

セキュリティコード

カード会社によるセキュリティコードの違い

しかし、クレジットカードによってはセキュリティコードの形式が異なる場合もあるため、自身の持っているカードはどの部分がセキュリティコードなのかをきちんと把握しておくことが大切です。

例えばアメリカンエキスプレスカードの場合には、通常カードの裏面に書かれているセキュリティコードが表面の右側に書かれています。しかも3桁でなく4桁の数字が書かれていますが、これは4桁全てがセキュリティコードですので間違えないようにしてください。

また一部のJCBカードなど、そもそもセキュリティコードが記載されていないクレジットカードもあります。セキュリティコードが書かれていなかったり判断できない場合は、クレジットカード会社に問い合わせてください。

カードいろいろ

セキュリティコードの防犯上の強み

セキュリティコードの利点として、クレジットカード犯罪の「スキミング」に強いことがあげられます。スキミングは、クレジットカードの磁気ストライプに書かれている情報を読み取る犯罪ですが、セキュリティコードの情報は磁気ストライプ内には記録されていません。

また、コンピューターによる特別な計算で、利用可能なクレジットカードの番号を割り出す犯罪、「クレジットマスター」にも強みがあります。

しかし、利用者自らが番号やセキュリティコードを入力する「フィッシング詐欺」には通用せず、そもそもセキュリティコード無しで買い物が出来るサイトもあったりするので、決して万能ではないという点も認識しておく必要があります。

白いクレジットカード