!シェアご協力下さい!

キャッシュカードとカードローンの一体化

銀行で口座開設

そのカードは基本的にはキャッシュカードですので、銀行に預金口座を開設している必要があり、さらにキャッシュカードを持っていることが前提条件としてあります。

必ずしも預金口座を必要とはしないカードローンのカードと比べると、ここは大きな違いです。具体的には、三菱東京UFJ銀行のカードローン「マイカードプラス」がこれに相当します。

NISA

申込が簡単

こういったカードのメリット、それは手続きがかなり簡便化されているということです。通常の銀行カードローンですと、申し込みの際に運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要となり、場合によっては収入を証明する書類も提示を求められます。

しかし、キャッシュカードとカードローンが一体化したカードの場合には、本人確認書類も収入証明書類も必要ありません。また、新たにカードが発行されることはありませんので、財布の中が膨らみませんし、カードが届くまで待っている時間のむだもありません。

笑顔

口座の残高不足を補ってくれる

「マイカードプラス」の場合には、公共料金の引き落としで残高不足になりそうな場合、自動的にお金を貸付してくれる機能がついています。例えば、預金口座に3万円入っていたとして、公共料金の引き落としが5万円あったとしたならば、2万円残高不足になってしまいます。

残高不足になってしまうと未払いとなり、自分の信用情報にキズがついてしまうのでぜひとも避けたいところです。そこで、「マイカードプラス」から自動的に2万円が貸付され、無事に残高不足の危機を乗り越えられるということになります。

グッド

カードローンの利便性も

もちろん、残高不足のときしか借りられない不便なカードローンではありませんで、それ以外のシーンでお金を必要とするときには、通常のカードローンと同じように銀行やコンビニエンスストアのATM、そしてインターネットバンキングからも借入することができます。

返済は、口座振替はもちろんのこと、ATMやインターネットバンキングからも可能で、ATMから利用する場合にはもちろんキャッシュカードを使用します。

銀行のキャッシュカードとカードローンのカードが別々になっていると、財布の中が膨らみますし盗難や紛失のリスクも高まります。そんなとき、この2つの機能を一体化させれば、利便性もリスク管理も格段に増すというわけです。

空っぽの財布