!シェアご協力下さい!

キャッシングの金利と利息の違い

金利とは

キャッシングを利用する際には金融機関選びをする必要があるのですが、この時には金利をもとに金融機関選びをする人も多いことでしょう。金利が低ければそれだけお得にお金を借りることになるのですが、そもそもこの金利をよく理解していない人もいるのではないでしょうか。

簡単にいうならば、レンタルビデオを借りる際にレンタル料が発生するのと同じで、お金を借りた時にはお金のレンタル料を支払う必要があります。この金融機関に払うお金のレンタル料にあたるのが金利なのです。

金融機関のレンタル料=金利は、お金を借りた金額に応じて変わります。金利が18%となっている場合には、借入額の18%をレンタル料として支払うということになります。

電卓

キャッシングの金利と利息のちがい

金利とよく間違いやすいのが利息です。キャッシングを利用している人の中には金利と利息は同じものだと思っている人もいるかもしれません。

金利はレンタル料の割合を示すもので、利息というのはレンタル料の金額を指します。借入額に対して金利で求めた金額が利息ということです。

また金利というのは一般的には年利を指します。年利というのは1年間での金利ということです。そのため、金利が18%と表記されていれば、50万円借りた場合、1年間に支払う利息は50万円の18%で9万円ということになります。この9万円を、月々の返済時に日割り計算によってこの利息を支払って行くことになります。

ポイント

実質年率とは

金融機関の金利のところ説明を見ると、実質年率という言葉がたびたび使われ、 これはどういう意味なのかと疑問を持った人も多いのではないでしょうか。

キャッシング会社では、利用者にお金を貸すために保証会社の保証料を支払っていたり、事務手数料などの費用がかかっています。しかし、キャッシングを利用したからといって、このような費用が請求されることはありません。

キャッシングを利用するために必要な費用を年率換算したものが実質年率です。そのため、毎月支払っている利息にはこのような様々な費用も含めて支払っているということです。

では、金利としか表示されていない場合には別に費用を請求されるのかと思う人もいるでしょう。しかし金利としか表記されていない場合でも、その年率は実質年率で表記すると決められているため、仮に実質年率と表記されていなくてもその金利は実質年率であると考えてよいでしょう。

銀行マン

金利の上限

金利は各金融機関によって違いがありますが、この金利は利息制限法という法律によって上限が決まっています。元金10万円未満の場合には上限金利は20.0%まで、元金10万円以上で100万円未満といった場合では上限金利が18.0%まで、元金100万円以上では上限金利は15.0%までとなっています。

もし、これ以上の金利設定がされていたとしても、この金利以上で発生した利息は支払う必要はありません。 上限金利以上の金利を支払ってしまった場合でも、返還請求をすることで払いすぎた利息を取り戻すこともできます。

また、この法律での上限金利を知っておくことで、悪徳業者を見分けることもできます。悪徳業者は法外な金利設定によってお金を貸してくるケースがあります。

その場合でも、この上限金利を知っておけば、この上限金利でお金を貸してくる業者は悪徳業者と判断することができ、悪徳業者であれば返済の義務もありません。

また、悪徳業者では低金利を謳っておいて、お金を貸してから高金利で請求してくるケースもあります。このような場合でも上限金利をしておく事で悪徳業者かの判断ができるのです。

利息計算をしよう

キャッシングの中には、毎月定額で支払うケースもあり、あまり利息が気にならない人も多いのではないでしょうか。しかし、この利息をしっかりと意識して返済していくことがキャッシングでは重要です。

この利息の計算方法は意外にも簡単で、自分でも手軽に求めることができます。利息を求める計算式は、借入残高×金利÷365×利用日数です。例えば50万円を18%の金利で30日間借りたとします。

この場合の利息は、50万円×18%(0.18)÷365×30日で、7,397円の利息が必要となります。これが1ヶ月分の利息と考えるととても高いと感じるのではないでしょうか。

もし、これが金利が14%だった場合では、50万円×14%(0.14)÷365×30日で、5,753円となります。このように金利がたった4%の違いでも、支払うことになる利息では大きな差と感じます。

普段何気なく返済をしていると、 毎月支払っている利息はほとんど気にしていない人が多いようです。毎月の返済額が少なくてもその中には利息も含まれていて、利息分が占める割合が多ければ多いほど、借金はなかなか減らないということになります。

今の借入残高を確認して自分で利息を計算してみることも、借金返済にはとても重要なことです。自分で利息計算をすることで、毎月の返済額では分かりにくい利息も把握しやすく、どれだけの利息を毎月支払っているのかの確認ができます。

笑うおじさん

まとめ

なんとなく理解していた金利のこともよくわかっていただけたのではないでしょうか。金利によって求められる利息のことを把握することによって、毎月の利息負担がどれだけ大きいものかも分かります。キャッシングはこの利息のことをよく知り、できるだけ支払う利息を減らしながらうまく活用することが大切です。

お金の雨