!シェアご協力下さい!

キャッシング返済方法の種類

返済は一括、分割、リボの3種類

キャッシングの返済方式には、一括払い、分割払い、リボルビング払いの3種類に分けることができます。

一括払いは次の返済日には借りたお金を全て返済するという方法で、返済は大変ですが利息負担が少ないというメリットがあります。

分割払いは借りたお金を支払い回数によって分割して支払う方法となります。一括払いと比べ毎月の返済負担が少ないですし、返済回数が決められているので、どのぐらいで完済するのか把握しやすいのもメリットです。

リボルビング払い通称リボ払いは、毎月の返済額が一定になるのが特徴で、返済しやすく、家計の管理もしやすいのがメリットです。ただこの返済方式では、一定の範囲内であれば借入額が増えても、返済額が一定なので借金総額を把握しにくく、返済期間が長期化してしまうのがデメリットです。

財布にカード

キャッシングの返済方法

返済の仕方についても色々な種類があります。ATMや自動契約機を使って現金で支払う方法、ネットバンキング送金、銀行振込、口座振替、店頭返済などがあります。

ATMや自動契約機を使っての返済では、自分の好きなタイミングで支払うことができます。ネットバンキングの利用では、 外出する必要もなく自宅で手軽に返済を済ませることができます。

銀行振込であれば買い物ついでに近くの銀行で返済するということも可能です。確実に返済を続ける必要があるキャッシングでは 口座振替の利用が多く、この返済方法であれば返済忘れの心配もありません。このようにキャッシングでは自分に合った返済方法で返済していくことができます。

お金を渡す

返済が遅れるとどうなる

キャッシングの利用では返済がとても重要です。この返済を忘れた時にはどうなるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

返済遅れが発生するとまず遅延損害金が発生します。遅延損害金が発生すると、今適用されている金利以上での返済をすることになります。この遅延損害金は日割り計算されるため、1日でも早く返済する必要があります。

また返済が遅れると督促の電話があります。金融機関によって対応は異なりますが、返済日の翌日にはこの督促の電話があると考えておきましょう。もし、 この電話に対応することなく無視をしていると、ハガキなどによって督促状が届くことがあります。

さらにこの督促状を無視すれば自宅まで来て取り立てにくるケースもあります。このような対応に応じない場合には、返済ができないとわかっていても一括請求をしてきます。返済できないとわかっているのになぜ一括請求をしてくるのかというと、裁判所に訴え法的手段を取るためで、裁判所から許可が出れば、財産を差し押さえされ借金を強制的に回収されることになります。

節約

今後の借り入れにも影響

返済遅れをすると、今利用しているキャッシングだけでなく、今後利用を考えてるローンなどに影響を与える可能性があります。将来家を買うために住宅ローンを組むことを考えている人もいるでしょうし、車を買うときには自動車ローンの利用を考えている人もいるでしょう。

これらのローンを組むときにもキャッシングと同じように審査を受けることになります。この住宅ローンや自動車ローンの審査では、以前利用していたキャッシングの利用実績が審査に影響を与える可能性があるのです。

3ヶ月以上の長期間の返済遅れとなると、事故情報として信用情報に記録されることになります。この状態は、よく言われるブラックリストに載ったといった状態です。このような状態になってしまうとキャッシングだけでなく、住宅ローンや自動車ローンといった、その他のローンにまで影響を与えます。

このようなことにならないためにも、もし返済が遅れることが事前に分かっているのであれば、金融機関に連絡することをお勧めします。金融機関のお金の借り入れであっても信用がとても重要です。この連絡を入れるのと入れないのとでは金融機関への信用も大きく違い、利用者も金融機関に対して誠意ある対応が必要です。

ショック

返済シミュレーションを利用する

このキャッシングの返済でポイントになるのが返済計画です。しっかりとした返済計画を立てておくことで、毎月の返済を確実にしなければいけないという自覚が生まれます。

この返済計画を立てるためには、毎月どの程度の返済が必要になるのか、利息はどのくらいか、完済した後の利息を含めた総返済額はどのくらいになるのかなどを把握する必要があります。

キャッシングの金利はとても高く、完済した時には多くの利息を支払っています。そのため完済時にはどの程度の返済総額になるかを確認すると、想像以上に借りた額以上のお金を支払っていることが分かります。

この事が分かれば毎月の返済も確実にしなければいけないという自覚が生まれてきます。しかし、自分で利息計算をするのは面倒と感じる人も多いでしょう。

そんな人は金融機関が提供している返済シミュレーションを利用することをお勧めします。この返済シミュレーションはその金融機関を利用していなくても公式サイトで誰でも利用することが可能です。

簡単な入力だけで、返済回数や完済後の返済総額、利息総額なども手軽に求めることができます。返済シミュレーションをうまく利用して返済計画を立て、確実な返済を続けていきましょう。

返済遅れになると信用情報に傷がつき、今後のローンの利用にも影響することになります。確実な返済をしていくためにも、金融間選びをするときには返済方法にも注意をして、キャッシングを活用していくことが大切です。

携帯でキャッシング