!シェアご協力下さい!

キャッシングの種類と特徴

キャッシングの種類

キャッシングといっても、消費者金融系、銀行系、信販系と、 提供されている金融機関によって大きく3種類に別けることができます。今まで特に気にしていなかったという人も多いでしょうが、それぞれの提供されている金融機関によってキャッシングにも違いがあります。

この違いを知っているのと知らないのとでは、キャッシングの利用にも大きな差が出てきます。違いを知って、自分の目的に合った金融機関選ぶことが大切です。

お金を渡す

消費者金融のキャッシング

キャッシングといえば消費者金融をイメージする人も多いことでしょう。この消費者金融のイメージとして審査が甘いと感じている人も多く、一般的に金利が高いほど審査は甘いと言われています。その理由が、金利を高く設定し貸し倒れのリスクを軽減させることで、審査を甘くして利用者を多く集めていると考えられます。

また、この消費者金融は利便性が良いのが特徴です。大手消費者金融では全国に自動契約機を設置し、深夜でも申し込みをしてカード発行まで受けることができます。その他にも店頭窓口、ネット、電話、郵送など、様々な申し込み方法を選ぶことができ、借入方法や返済方法もATMだけでなくネットからでも利用可能です。

また大手消費者金融では無利息サービスを提供しているのも特徴の一つです。無利息サービスとは一定期間の間、利息0円とするもので、初回限定などの条件はありますが、短期間の借り入れを希望する人にとっては大きなメリットが得られます。このように消費者金融系キャッシングでは、手軽にお金を借りられる環境が整っているのが特徴です。

ギャンブル

銀行のキャッシング

銀行系キャッシングは、銀行が提供していることもあり、安心感が高いのもこのキャッシングの特徴です。消費者金融は 大手消費者金融以外にも、街金と呼ばれる消費者金融が多くあり、名前を初めて聞くような消費者金融だと、お金を借りるのも怖いと感じてしまう人も多いでしょう。しかし、銀行であれば、どこでも安心してお金を借りることができます。

また、銀行は他の金融機関と比べ融資額が高いのも特徴の一つです。キャッシングでも、最高限度額を1000万としている銀行もあります。キャッシングでは金利が高いというイメージがありますが、銀行では他の金融機関と比べ金利が低いのも特徴で、この金利は利用限度額が高くなるほど金利が安くなることから、銀行のような高い利用限度額が設定されることで、自動車のような高額な買い物でも利用可能なキャッシングです。

銀行では融資までの時間が長いといったイメージを持っている人も多いですが、最近では即日融資にも対応している銀行が増えてきています。大手銀行では、大手消費者金融の特徴でもある自動契約機を設置してるところもいくつかあり、大手消費者金融並みの利便性を兼ね備えたキャッシングも存在しています。

自動契約機を利用しなくてもネット、銀行窓口、郵送など様々な方法によって申し込みができます。借入方法や返済方法も大手消費者金融と大きな差はなく、金利も低いことからキャッシングの利用では銀行系を利用する人が多いようです。

銀行マン

クレジットカードのキャッシング

信販系のキャッシングと言えば、クレジットカードに付帯したキャッシング機能のことです。キャッシングと聞くとこのクレジットカード機能のことをイメージする人も多いことでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能は銀行と比べると小口融資専門とも言えるのですが、普段買い物に使っているクレジットカードで手軽にお金を借りることができることからも人気のキャッシングです。ただ、キャッシング目的として利用するには、他の消費者金融や銀行と比べるとどうしても利便性に劣る点があります。

それは、申し込みをしてから利用できるまでの時間です。大手消費者金融や銀行であれば、申し込みをしてその日にキャッシングの利用も可能ですが、クレジットカードとなるとカード発行までに2週間は必要となるのが一般的です。信販系のキャッシングでは、あくまでもクレジットカードに付帯した機能といった存在です。

クレジットカード3枚

キャッシングの違法業者

通常のキャッシングでは、消費者金融や銀行、クレジットカードを利用することになるのですが、もう一つ利用してはいけない金融業者があります。それは違法業者です。

誰でも一度はネットやチラシなどで、審査なし、ブラックでもOK、誰でも借りられる、などの謳い文句で利用者を集めている金融業者を見たことがあるのではないでしょうか。通常の金融機関で、審査をせずに融資するところはありませんし、ブラックリストに載っているような人にお金を貸すこともまずありません。

通常なら、誰もこのような金融業者を利用することはないのですが、多重債務によってどこからもお金を借りられない状況になっている人や、ブラックリストに乗ってしまった人がお金に困った時に、藁にもすがる思いでこのような金融機関を利用してしまいます。

しかし、このような金融機関を一度利用してしまうと、とんでもなく高い金利を設定されたり、返済ができなくなると自分だけでなく家族や近隣に住む人、職場まで迷惑がかかることもあります。キャッシングと呼ばれるものには金融機関によって種類を別けることができますが、この違法業者だけは絶対に利用してはいけないキャッシングです。

ダメ!

まとめ

いかがでしたか。キャッシングと言っても3つの金融機関によってそれぞれの特徴があることがおわかりいただけましたでしょうか。また、世の中には絶対に利用してはいけない違法業者も存在しています。キャッシングはもしもの時には大きな助けとなるものなので、自分の目的に合った金融機関を選んで、上手に利用していきましょう。

空っぽの財布