!シェアご協力下さい!

キャッシングの利息を減らす方法

利息負担を減らそう

キャッシングはとても便利な存在なのですが、金利が高く、このことでの利息負担が気になっている人も多いのではないでしょうか。金利は金融機関が決めていることなのでどうしようもないと思ってる人もいるでしょう。しかし、利用する前にしっかりと金融機関を選んだり、金融機関が提供しているサービス、返済の仕方によっては利息負担を軽減させることもできます。

この利息負担が大きいことで返済が困難となることもあります。生活を豊かにするためのキャッシングが、今の生活を苦しめる原因となってしまうこともあるのです。このようなことにならないためにも、毎月の利息負担を上手く軽減させながら、キャッシングを活用することが大切です。

まずは金利をチェック

金利負担の少ないキャッシングの利用を考えるのなら、まずは利用する金融機関選びがポイントになります。金利の設定は金融機関によって様々です。銀行は金利が低いイメージがありますが、中には消費者金融と変わらないほどの金利設定になっているケースもあるので要注意です。

すぐにでもお金が必要だからと、自分にとって利用しやすい金融機関を選ぶことも多いのですが、返済の時の事も考えて、少しでも利息の低い所を選ぶことが大切です。

カードいろいろ

上限金利をチェック

金融機関の金利表示を見ると、3%~18%といった具合に表記され、かなり幅があると感じた人も多いのではないでしょうか。この表記を見て、もしかしたら自分も3%程度でお金が借りられるのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、この金利は 利用限度額によって決められます。もし限度額が、10万円から1000万円といった金融機関では、上記の金利設定であった場合、10万円の借り入れの人は18%、1000万円の借り入れの場合は3%の金利が設定されるということです。金利設定は 利用限度額が高い人ほど金利は低く設定され、利用限度額が低い人ほど金利は高く設定されることになります。

このことから、利用額が少ない人は 上限金利をチェックする必要があります。上限金利が低い金融機関ほど少額の借り入れの人にとっては利息負担が少ないことになります。

チェックリスト

利息負担が少ない銀行がおすすめ

利息負担を軽減させるには、やはり銀行の利用がおすすめです。銀行といっても金利設定はそれぞれで、金利が高いところもあるのですが、消費者金融や信販会社などと比べればやはり銀行は金利が安いと言えます。

少しでも利息負担が少ないお金の借り方をしていきたいのであれば、銀行のサービスを利用することが最も無難な選択と言えるでしょう。

ポイント

消費者金融の無利息サービスを活用

少額の借り入れの場合には、上限金利が設定されることから、上限金利の高い消費者金融では利息負担も大きいことになります。しかし、この少額の借入が一時的で、次の給料が入れば一括返済できるといった場合には消費者金融を利用するのも一つの方法です。

その理由が大手消費者金融が提供している無利息サービスです。初回限定となりますが、30日間の無利息サービス期間が設けられ、この期間中に一括返済してしまえば利息は一切かかりません。このサービスは銀行ではほとんど提供していないサービスで消費者金融ならではのサービスと言えます。

初心者

繰り上げ返済と一括返済

まだキャッシングを利用していない人は、金融機関選びをしっかりとすることで利息負担の少ない借入れをすることができます。しかし、その利息負担を感じているのは、すでにキャッシングを利用している人が多いのではないでしょうか。すでにキャッシングを利用していて、利息負担を感じている人は返済方法を工夫してみましょう。

最近のキャッシングでは、最低返済額が低く設定され、毎月の返済負担が少ないのが特徴です。しかし、毎月の返済額が少ないということはそれだけ長い期間お金を借りることになります。長い期間お金を借りれば、それだけ利息も多く支払うことになり利息負担は大きいのです。

少しでも利息負担を軽減させたいのであれば、繰り上げ返済や一括返済をする必要があります。利息負担を減らすには少しでも早く完済させることがコツです。

投資

借り換えローンとおまとめローン

金銭的に余裕があれば繰り上げ返済であったり一括返済によって利息負担を減らすことができます。しかし、毎月の最低返済額の返済ですら大変という人もいます。

そんな人は借り換えやおまとめローンの利用を考えてみましょう。借り換えとは、今の金融機関から別の金融機関に乗り換えるということで、おまとめローンは複数社の借入を一社にまとめてしまうということです。

どうしてもすぐにお金が必要で、金利よりも、即日融資が可能かどうかで金融機関選びをしてお金を借りた人も多いことでしょう。しかし、お金を借りて返済を続けていると、利息負担が大きく、もう少し金利の低いところに申し込めばよかったと後悔することもあります。

このような時に役に立つのが借り換えローンです。借り換えローンを利用して、今の金融機関よりも金利の低い会社に乗り換えることで、金利負担を減らすことができます。

少額の借入を複数社からしていると、どの金融機関も上限金利が設定されとても高い利息を支払っていることになります。おまとめローンでは、複数社の借入を一緒にまとめることで一社からの借入額を増やすことができ、利用限度額が増えることで金利が下がる可能性があります。

決められた利息を毎月支払うしかないと思っていた人も、工夫次第では負担を軽減できることが分かっていただきたのではないでしょうか。少しでも返済を楽にするためにも無駄な利息を減らし、キャッシングをうまく活用していきましょう。

¥マーク