!シェアご協力下さい!

キャッシングとローンの違い

キャッシングとローンの利用方法

キャッシングもローンも、基本的な利用方法はどちらも同じです。カードを作成して、窓口やATMでお金を借りることができます。ATMやキャッシュディスペンサーを利用すれば、人に会わずに手続きができるので、「お金を借りるところは見られたくない」という人でも安心です。

ただし、お金を借りるわけですから、契約前の審査があります。審査を通過すれば、契約で決めた上限の金額まで、お金を借りることができます。

携帯でキャッシング

キャッシングとローンの返済方法

それでは、キャッシングとローンにはどのような違いがあるのでしょうか。一般的には、「キャッシング=翌月に一括で返済」、「ローン=分割で返済」とされています。

これだけ見ると、分割で返済できるローンの方が無理なく楽に返済できるからよさそうだと思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。借りたお金を返すまでの期間が長いと、その分だけたくさんの利息を支払わなくてはいけません。

例えば、年利12%の利息を払って10万円を借りたとしましょう。(計算上、毎月1%の利息がつくとします)翌月一括返済のキャッシングの場合、返済額は101,000円です。それに対して、毎月1万円ずつ分割で返済した場合、返済総額がだいたい106,000円程度になります。

このように、キャッシングは返済が大変だけれども返済額が少なくて済み、ローンは楽に返済することができるけれども返済額が多くなってしまう、という特徴があります。

お礼金

キャッシングとローンの区別

キャッシングとローンの違いについてまとめてみましたが、実際にはキャッシングとローンの区別ははっきりしていません。

キャッシングでも分割返済が選択できたり、ローンでも繰り上げて一括で返済することも可能です。さらに、「キャッシングローン」という名前のサービスもあります。

はっきり区別して営業しているようではないので、実際に借りるときに、借り入れ条件や返済方法をしっかりと確認して利用するようにしましょう。

分かれ道