!シェアご協力下さい!

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとは

カードローンは、消費者金融などでカードを作り、それを使ってお金を借りることができます。お金を借りる時の担保が不要であるため、個人の収入や保有している資産などが審査の材料になります。

金利は4~15%程度のものが多いですが、よほど限度額が高くない限り、10%以上の金利になります。

審査の結果、利用限度額が決められますが、その範囲内であれば、繰り返し追加でお金を借りることができるのが特徴です。

返済方法は分割ですが、その返済が完了していなくても滞納がなければ、利用限度額までさらに借りることができるのです。

カードキャッシング

フリーローンとは

フリーローンも、借入金額が数百万円程度までであれば、無担保で借りることができます。しかし、カードローンとの違いは、借り入れできるのが一度だということ。審査を受けて融資してもらっても、追加でお金を借りるには、もう一度審査からスタートです。

もちろん、すでに借り入れをしている上で、さらに融資の申し込みをするので、審査は厳しくなってしまいます。

しかしながら、融資するのは一度だけで追加がないため、カードローンよりも金利は低く抑えられています。大手銀行のフリーローン金利は、6%程度です。

お金を渡す

カードローンとフリーローンを賢く使い分けるには

カードローンとフリーローンの違いは分かりましたが、どちらを使うのがいいのでしょうか?利息を考えるとフリーローンの方がよさそうですが、繰り返し借り入れできる便利さを求めるなら、カードローンの方にメリットがあります。

ポイントは「どれくらいお金を借りるのか」です。大きな金額を借りたい場合、金利の差は重要です。金利が倍になれば、利息も倍です。何度も大きな金額を借りるケースはあまりないかと思いますので、この場合は金利をおさえることを重視して、フリーローンにするのが正解です。

逆に、少しだけ借りたいという場合、フリーローンでは最低額が決められていることもあり、カードローンを利用しなければならないこともあります。

金利が低いからと、わざわざフリーローンで借金をする必要はありません。少額であればどちらにせよ利息も少なくて済むので、カードローンを使い、早く返済してしまいましょう。

マルバツ