!シェアご協力下さい!

エアコンの節約!

エアコンの温度設定

夏はがんがんに冷たく、冬にはがんがんに暖かくエアコンを使用したいものですが、それをしてしまうと電気代はかさんでしまいます。エアコンの温度を1度変更するだけで、電気代が10パーセントも違ってくるというのですから、安定した運転になったらこまめに温度調節をしましょう。

それならば、エアコンの電源を切ってしまえばもっと節電になるのでは、と考えることでしょう。
たしかにそれは間違いではありませんが、正しい方法でもありません。

エアコンは冷房、暖房ともに運転を開始するときが最も電力を消費します。こまめに電源を切ってしまうと、その分運転開始の回数が増えて、余計な電力を消費してしまうので、電源を切るのではなく温度調節をすることによって室内の温度をコントロールしましょう。

エアコン

エアコンの風向き

夏の冷房と冬の暖房では、最適な環境を作り出す風の向きが異なります。季節を問わず冷たい空気は部屋の下に、暖かい空気は部屋の上にたまりがちです。

夏場は風の向きを水平にしておくと冷房の空気が上から下まで降りてきて、満遍なく部屋が冷やされます。逆に冬場は風の向きを下向きにしておくと、足元から天井まで満遍なく暖かい空気が行き渡ります。

そこで大いに活用したいのが、サーキュレーターです。サーキュレーターでお部屋の空気を循環することによって温度を調節し、それによってエアコンの効率も上がります。

エアコンの風向き

エアコンの室外機

エアコン本体をこまめに掃除することによって、エアコンの効率が上がることは言うまでもありませんが、意外と気にかけていないのが「室外機」です。室外機の役割は、その周囲の空気を吸い込んで中の空気を吹き出す、熱交換です。

特に夏場気をつけたいのが、室外機に直射日光が当たることです。直射日光が当たることで室外機の熱交換の効率が悪くなってしまいますので、室外機に日陰を作ったり、打ち水をしたりすると効果的です。

しかし、室外機にカバーをかけてしまいますと空気を吸い込んだり吹き出したりしにくくなりますので、かえって効率が悪化してしまいます。それ以外にも、室外機周辺に余計なものがあると熱交換の効率が悪くなるので、周辺は整理整頓しておきましょう。特に冬は、室外機の雪対策も忘れずに。

以上は代表的な対策ですが、これ以外にもエアコンの節電方法はたくさんありますので、無理のない範囲で積極的に行うようにしましょう。

室外機