!シェアご協力下さい!

アパート経営の法人化

アパート経営の税金対策

日本という経済社会の資金面の根底を支えているのは、私達が納めている税金であり、所定の計算式に因り算出される金額を納める義務を負っているのは、誰もが理解する通りです。

そしてこの納税に対し私達が合法的な対応が認められる節税対策に関しては、いち個人と比較して法人により多くの選択肢が与えられており、不動産収入など継続的に一定以上の金額が見込まれる場合は不動産経営への参画を機に、法人化するメリットが見過ごせません。

一方で「自らの法人とする」という概念自体がピンと来られぬ方々も、潜在的に少なくありません。とりわけ外勤一筋から定年を機に不動産投資に着手される、あるいは身近に経営者という立場の存在が見当たらぬ場合、数々の難解な実務対応の必要性など、自身に大きな負担が伴う先入観から不安が膨らみがちですが、案ずる事はありません。

インターネットあるいは各種参考書籍などで解りやすい解説が配信あるいは掲載されていますので、早い段階から理解に努められる事をお薦めします。

おかねほしい

個人との税率差が届けるメリット

今日、日本においては個人の税率には累進課すなわち所得が大きくなるにつれ税率がアップする方式が採用されています。収益物件の規模にもよりますが、安定した収入が見込まれる不動産収入を個人で得る場合、自ずと課税率の上昇が避けられません。

更に現在、サラリーマンとして給与所得を有されている場合は、こちらとの合算額に基づく税率が適用されるため、アパート経営が結果としてネックとなってしまいます。対して各メディアでも取り上げられている通り、法人に適用される税率は軽減化の傾向が顕著です。更には基本税率も個人と比較して低く設定されており、一定金額以上の不動産所得が有る場合、最終的な納税額の抑制が公的に約束されています。

ガッツポーズ

法人ならではの所得の分配

個人のアパート経営で得た不動産所得に関しては、給与と合算で納税額が算出される一方、不動産所得分の給与所得控除を受ける事が出来ません。対して法人化しておけば、他所から給与を支給されていない役員に関しては給与所得乗除の適用が可能です。すなわち法人化から役員あるいは社員に給与を支払う形を採る事で、課税対象金額自体を小さく出来るメリットが活かせます。

実際に用いられている例を挙げれば、自身の妻子など他の給与所得が無い人達を役員に据え、所得を分散から給与所得控除対象額を確実にキープする事で、課税対象となる元金額を抑制する手法が代表的です。

更に法人化によってアルバイトの雇用からの給与の支払いも合法的に認められており、更なる所得の分散対応が可能です。但しあまり不自然な金銭の流れを構築してしまった場合、課税対象となる特定の人物への課税率が上昇するケースも見られ、全体のバランスの維持が求められます。

お金の雨

その他のメリット

法人化で得られる節税に繋がるメリットは他にも色々見られ、その1つが「経費」として計上が認められる内容の違いです。個人では認められない、例えば会社が契約者の役員の保険の保険料など、個人では対象外の経費計上が可能です。

さらには相続対策面でのメリットも見過ごせず、相続発生時に個人であればその時点での自己所有不動産の評価額を基準に相続額が算出されますが、法人所有の不動産には相続税の発生はありません。

この節税効果は見過ごせず、近未来に相続の発生が避けられぬ多くの方々が、個人所有の不動産の法人化に踏み切られるポイントとなっています。ご自身のご家族親族構成と重ね合わせての近未来を見据えたシミュレーション作業から、その必要性を事前に確かめておく作業も大切です。

その他少々専門的になりますが、欠損金すなわちアパート経営の結果生じた赤字金額を、青色申告を通じて翌年度に繰り越す事が認められている、対して大きな利益が出た場合、これを減価償却して調整からの節税効果が得られます。

アパート経営着手に際しては、法人化を前提に事業計画を立てる事をお薦めします。独学だけでは正確な予備知識の確認からの理解に窮されるかと思われますが、案ずる事はありません。然るべき専門知識を有する第三者への相談を通じ、法人化からの外部のビジネスパートナー選びも含め、焦らずより鮮明なビジョンを見据える作業からスタートしてください。

アパート経営という収益物件を構えての不動産投資は、当然合法的な営利目的の経営スタイルの実勢に他ならず、節税対策が求められて当然です。個人に対して法人に与えられた税務上の優遇の内容を正しく理解からの然るべき対処をお薦めします。

アパート