!シェアご協力下さい!

アパート経営のリスク

アパート経営のリスク

不動産を利用しての投資である以上は、どうしてもリスクというものは付きまとってくるものです。株や債券などの有価証券、為替取引や貴金属などは劣化しないものですので、相場さえ気を付けていればある程度のミスを防ぐ事ができます。

しかし、不動産投資の場合は年を経るごとに耐久性が減って行くもので、相場も付加価値が無い限りは、基本的には下がって行くものです。実際のアパート管理や運営などは、不動産会社に依頼する事で、事実上の手間はかかりませんが、不具合が生じた場合はトラブル解決を、大家となるあなた自身が判断しなければならないものも当然出てきます。

また運営上や管理上のミスが起こっていないかなど、ある程度のチェックは必要であり、入居者のトラブルが完全に無いとは言い切れませんので、その対策も考えておく必要があるでしょう。

一番の問題は空室が長く続いた場合ですが、ほかにも入居者の家賃滞納や、悪質な入居者が入り込まないような工夫も必要で、こうしたリスクに伴う厳密な審査や、保証人の設定などのノウハウも身に付けておく必要があります。

アパート経営を行うには、立地や周辺環境が一番のポイントとなって来るようです。現在ワンルームが多く作られるようになりましたが、入居者のトラブルは必ず起こる問題と言えます。対処法を誤ると訴訟問題にもなりかねませんので十分注意しておきます。

アパート

アパート経営のメリット

不動産物件を投資目的とした運用方法は、戸建て住宅やマンションにアパート経営などの方法がありますが、それぞれにメリットがあります。しかし、その中でもアパート経営では、資金力の弱い小資本の個人投資家であっても活用でき、さらに小規模な敷地であっても運営できるという事が、最大のメリットと言えるでしょう。

マンションとは違い比較的小規模で行う事ができ、部屋数もある程度確保できますので、満室であればある程度の収益を確保できます。アパート経営は、遊んでいる土地があれば有効に活用できる方法として利用する事もできます。狭い敷地内であっても、建物の階層などある程度のプランを工夫することによって、効率的なアパートの建築は十分可能なのです。

一応経営するからには事業と言えますが、実際に人を雇う必要などは無く、初めての方でも運営自体を管理会社に任せる事で、運営や管理業務などの事実上の手間は、ほとんどかからないと言っても良いでしょう。

また、一定の部屋数が確保できますので、戸建てのように入居者が居ないと収入が得られないという事も無く、安定した収益を確保する事ができるのです。

税金面では、固定資産税が住宅用地の場合、1戸あたり200㎡まで小規模住宅用地の軽減が適用されますので、アパートを建てた場合は、更地と比べてみるとその固定資産税評価額が、6分の1になるというのは大きな魅力と言えるでしょう。

グッド

アパート経営の資金

建築費用は建物の構造や工法によっても資金に差が出ますし、設備のグレードやその戸数に応じた規模と、地下も含めた敷地条件などによっても大きく変わって来るものです。一般的には建物本体の工事費用の他にも、外構などの付帯工事が必要となってきますが、重要な各種申請手続き費用や税金などを含めて、資金計画を考えておかなければなりません。

具体的には本体工事費や設備費に、別途工事費として屋外電気や給排水、ガス工事費などがかかり、付帯工事費としては外構として造園や駐車場設備等がかかってきます。そして、土地によっては地盤改良工事費などもかかり、場合によっては空調設備工事なども必要となります。

また電力自由化となっていますので、太陽光発電システム設置などもメリットのある工事として人気が高いものです。税金や諸費用については、不動産取得税、登録免許税、印紙税、建築確認申請等手数料などがかかり、そのほかにはローン手数料も考量しておかなければなりません。また万が一の場合に重要となる、火災保険料なども忘れず契約しておかなければなりません。

ドル

アパート経営のコツ

まずアパート経営に関して言えば、規模にもよりますが戸建て住宅やマンションよりも初期投資は比較的大きくなる為に、ある程度の自己資金の用意が必要となる事は間違いありません。しかし新築のアパートでは希望入居者が殺到する事も多く、立地さえしっかししていればまさに入れ食い状態のように満室が維持される事でしょう。

初期投資がかかる分、誰しも気軽に始められるという訳には行きませんので、家族や融資先にもしっかりと相談しながら計画を練り、検討をして運営を行いましょう。賃貸の需給動向の高さや低さは不動産のスタッフなどとも相談して、立地条件には細心の注意を払う事が必要で、バス停や周辺駅からの距離が短いほどライフスタイルの面で有利と言えます。

同時に周辺地域に病院と金融機関、コンビニやスーパーがあれば、かなりの成功率が高まると見て良いでしょう。また周辺の環境も大事なポイントで、治安意識が高く管理状況も良ければ、環境も良好と見なされますので、入居者が安心して借りてくれるというものです。

注意点