!シェアご協力下さい!

わかりやすい資産運用

初心者にもわかりやすい資産運用

初めてでもわかりやすい投資方法は、預貯金などの貯蓄運用というところでしょう。身分証と印章さえあれば、誰でも作れるという事と、普通預貯金よりも金利が良い定期預金などは、利率の良かった時代には手軽な運用方法でした。

日本は1990年に終焉を迎えたバブル崩壊の影響で、経済が長い低迷期に突入する事になりました。その後経済が上向きになりますが、続いて2008年に起きたアメリカのリーマンショックの影響で、更なる不況に陥る事になり、空白の20年とも揶揄されるようになったわけです。

政府は経済の立て直しの為に、幾度となく公定歩合を下げカンフル剤としますが、効果は薄く、日本はデフレ経済に陥る事となります。更なる金融政策で、日本はマイナス金利政策により、国内の金融機関はおおむね低金利となり、貯蓄による資産運用はあまり旨味の無いものになってきました。

しかし、その中でも特筆するのが、ネットバンクの存在で、ネットバンクは店舗も要らず、人件費もあまり必要でない為に、その分金利の上乗せに成功しています。したがって、貯蓄で増やすのであれば、ネットバンクの定期預金がもっとも適した運用方法と言えるでしょう。

初心者

資産運用の種類

現在日本の市中銀行は、そのほとんどが低金利という事もあり、預金や貯金といった運用方法には、あまり旨味がありません。その為その他の投資方法が注目される事で、個人レベルで少額でも投資が行える、環境システムが整備されてきたのです。

現在、日本国内で行うことのできる投資方法は、誰でも簡単に行える貯蓄型資産運用があり、普通預金や資産の預入時に預入期間を決める定期預金、貯蓄残高によって金利が設定される貯蓄預金、為替レートの併用もできる外貨預金などがあります。

そして投資型資産運用として企業の株を売買する事で配当や差益を狙う株式投資、個人向け国債や社債といった債券の運用、この2つを運用する投資方法の投資信託、特殊なオプション取引があります。

先物取引は金融機関に一定の証拠金を預託する事で、差益決済による通貨間の売買を可能にする取引で、差益を狙った投資方法です。そして不動産投資は、短期運用と長期運用があり、土地や建物などの不動産に投資する方法として知られています。他にも金投資を始めとする、様々な商品を扱った投資方法があります。

分かれ道

将来を見据えた資産運用

資産を運用する場合、若い頃から行うことでその効果が高くなる可能性があります。まず大事なのは、投資方法を最低2つもっておく事で、長期運用はリスクが低く、短期運用ではそのリスクが高くなるということを覚えておきましょう。

そして、長期での計画をあらかじめ立てておくことで、自分のライフスタイルを確立させ、目標が出てきますので自ずとやる気が出るというものです。具体的な目標を想定しておくのも大切で、例えば目標を10年先に想定して、経済的に大きな不安のない状況を目標にしたり、いつでも住宅ローンが完済できる状態の実現を目指すのも、一つの区切りとする事ができます。

また、教育資金や老後資金の準備にメドが付くという事もありますので、計画をしっかりと立てていく事が大切です。現在の日本の状況は、年金問題や少子化問題が表面化しており、十分な補償が受けられない可能性が高いとされています。

同時に福祉や医療の面でも、十分な補償が受けられない可能性も否定できない為に、出来るだけ上手く資産を活用して、投資に回す努力を怠ってはなりません。

目標

リスク軽減の為の資産運用

投資そのものは誰しもわかりやすいものですが、一番の問題は安全な投資方法はないということが、最大のネックでありポイントでもあります。そのため、少しでもリスクを減らすことは投資を行う上で一番注目しておかなければならないポイントです。

イギリスの有名なことわざに、ひとつの籠に卵を盛るなという言葉がありますが、これはまさに分散投資を意味している言葉でもあります。分散投資の利点は、一方に損失が出たとしても、もう一方で利益が得られるという事です。また投資の赤字は他の所得によって相殺できるという減税効果がありますので、どちらに転んでも負担が少ないと言えるでしょう。

具体的な分散方法は、株式であれば銘柄や運用方法を変えるという事です。しかし、株も暴落の可能性は否定できませんので、安定した長期の運用手段を一つは行っておきたいものです。一方は不動産投資で、一方は相場取引での短中期運用などと考えると良いでしょう。

資産運用の仕組みは誰しもがわかりやすいものが多いですが、実際の投資を行なっていく上ではある程度の勉強が必要になります。ノウハウを上手く蓄積して行くためには何事も経験が必要ですから、経験を積む為にも少額投資での運用などを行ってみると良いでしょう。

若夫婦と赤ちゃん