!シェアご協力下さい!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、好きな都道府県・市区町村を選んで寄付が可能な仕組みのことです。その寄付によって税金の控除が適用されたり、寄付した地域よりお礼として特産物を贈呈されることもあります。寄付金をどう使うかを指定できることもあるので、特定エリアを応援することも可能です。

たとえば年収600万円だと、ふるさと納税を利用しない場合は65,000円を納税する義務があります。しかし、もしふるさと納税として65,000円を寄付すれば、63,000円の税金を先払いした扱いになり、本来払う分からその金額が差し引かれる上に、農産物などのお礼をもらえることもあるのです。

2015年から何が新しくなったのか?

そんなふるさと納税ですが、2015年の改正によってより身近に利用できるようになりました。

たとえば、特例控除額の上限が引き上げられたことによって、ふるさと納税枠は約2倍になりました。また、5つの自治体まで確定申告不要で控除される「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が実施されることになりました。

ただ、確定申告をすれば所得税、住民税からの還付・控除になりますが、このワンストップ特例を使うならば住民税からの控除のみになります。そういった多少の違いはありますが、いずれにせよ、節税効果があることはいうまでもありません。

これまで「ふるさと納税に興味はあるけど、手続きが面倒くさそう」とためらっていた人も多いかもしれません。しかし、今こそふるさと納税を手軽に利用できるチャンスなのです。

田舎の風景

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税にはさまざまなメリットがあります。具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。

・お礼の品としてエリアの特産物がもらえる

だいたいのふるさと納税では、いくつかの特産物の中から好きなものを選択してもらえるようになっています。ただし、必ずもらえるとは限らないので注意しましょう。

・税金が控除される

ふるさと納税は節税対策としてもおすすめです。住民税の約2割が控除の上限の目安です。寄付金すべてが控除されるわけではない点に留意してください。

・好きなエリアを応援できる

どの地域のふるさと納税を利用するか、自由に選択することができます。好きな地域はもちろんのこと、災害を受けたエリアを応援することもできるのです。

パン

ふるさと納税の利用方法

ふるさと納税とはどのようなものかご理解いただけましたでしょうか。次に、ふるさと納税の利用にあたって必要ないくつかのステップを紹介します。いずれも難しいことはないので、気軽に利用してみましょう。

・申込み

まず、寄付したい自治体を選択して申し込みます。申込方法としては、電話、FAX、メール、窓口など自治体によってさまざまですが、最近ではだいたいとこもインターネット経由でOKです。遠方のエリアを支援したい場合も心配ありません。

・寄付金の支払い

自治体から送付される振込用紙を使用、指定口座への振り込み、現金書留などで寄付金を支払います。最近ではクレジットカードを利用できる自治体も増えていて大変便利です。

・証明書やお礼の品の受取

支払いが完了すると、自治体からお礼の手紙や寄付金受領証明書、お礼の品などが届きます。寄付金受領証明書は確定申告に必要な書類なのでなくさないようにしましょう。

・確定申告を行う

近くの税務署で申込書類を入手するか、国税庁のホームページで申請書類を作成して確定申告を行います。源泉徴収票、寄付金受領証明書も必ず添付するようにしてください。

ふるさと納税というと「お礼の品をもらえてお得」というイメージを抱いている人も少なくないようですが、それだけではありません。節税対策になるというのが、ふるさと納税の一番の魅力といっても過言ではないでしょう。

ただし、それには確定申告が必要です。会社員だと自営業と違って自分で確定申告する機会はあまりないので「ややこしそう」と、ためらう人もいるかもしれません。しかし、実はそれほど複雑なものではないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

確定申告の期限は寄付をした翌年の3月15日になります。必ず期限内に手続きするように注意する以外は、特別に難しいことはありません。これまでふるさと納税を利用したことがなかった人も、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

野菜

まとめ

いかがでしたでしょうか。「また旅行に行きたい」と、思っているようなエリアとつながりを持つこともできるふるさと納税。

災害等で困難な状況にある地方を助けることもできます。有意義な納税をしたいと考えている人におすすめの、ふるさと納税なのです。

農家と牛