「 老後 」関連

不動産投資の始め方

比較的簡単に行う事のできる不動産投資ですが、100%安全な投資方法などこの世に存在していないという事は、必ず頭に入れておかなければならない事です。初心者でもある程度の資金さえあれば、どなたでも始められますが、初心者ならではのミスもあり得ます。不動産投資の正しい始め方を学びましょう。

サラリーマンの不動産投資

サラリーマンとして会社勤めという本業を有しつつ、副業として不動産経営すなわち不動産投資を同時に実践する事は十分可能であり、既に安定した副収入をキープされている方々も少なくありません。二兎を追うが故に無意味な負担やリスクを背負い込まぬ、堅実な計画に基づく投資が成功の秘訣です。

簡単な投資の方法

財産を増やしていく為には、目標を持っておくというのも大事な事です。結婚資金や家を建てる為のマイホーム資金、そして子供や孫たちの為の教育資金も必要になってきます。現在一番切実なのは老後の不安感から、老後の資金を貯める為の運用を考える方も増えてきました。そこで、簡単にできる投資方法を知っておくといざという時に役立ちます。

投資信託で資産分散

投資信託などを行う際に考えておかなければならないのは、投資には常にリスクが付きまとっているという事にあります。これはどのような運用方法であれ、必ず存在するものであり、1カ所だけに投資する場合は、そのリスクも大きくなると考えなければなりません。そこで大事なのが資産分散です。

公的融資で住宅ローン

住宅ローンの検討をしている人にとって少しでも金利の安いものを探すのは当然のことでしょう。住宅ローンは金額も大きなものとなり、返済も長期にわたりますから金利はとても重要なポイントとなってきます。そこで考えたいのが公的融資となります。まずは公的融資について基本からきちんと知ることが大切です。

公的融資の教育ローン

日本の高校への進学率は、98%程度となっていますから、中学を卒業後ほとんどの子供は高校へ進学していることになります。高校からさらに大学などへの進学を行うことも多く、その場合には約900万円のお金がかかっているという統計が出ています。子供の進学は応援したいものですが、先立つものがないといった場合に役立つ、公的融資と教育ローンをまとめてみました。

国債と住宅ローンの関係

金融政策における政策には3つの政策があり、公定歩合政策である金利問題と、公開で市場操作を行う手段、そして預金準備率操作とされる支払準備率の操作が行われる事が多いのですが、2017年5月に日銀は金利を優先させる重視政策をとる方針を固めました。これらは、国民の借金である国債や住宅ローンとどのような関係があるのでしょうか。

わかりやすい資産運用

親から譲り受けた財産や自分でせっかく築き上げた資産があったとしても、それを運用して行かない事には資産は目減りしていく一方で、代を重ねるごとにどんどん少なくなって行きます。そのため資産運用は非常に大切なことですから、初心者にでもわかりやすい投資方法からでも行っていくことをおすすめ致します。

海外不動産投資のすすめ

東京五輪の高まりと共に、デフレで低金利の時代とあって、国内での不動産投資が少しずつ活発になって来ています。同時に海外不動産投資についても、注目を集める様になってきましたが、国内の不動産事情とは異なった考え方です。

マンションに投資しよう

不動産の投資において、一番メリットが少ないと思われるのが一戸建て住宅の存在です。反対に、不動産投資で一番メリットがあるのがマンションの経営です。不動産投資をお考えなら、まずはマンションに投資することをおすすめいたします。