「 税金 」関連

不動産投資で節税!

不動産投資の利点の一つに節税があげられます。一口に税金といっても、その種類は非常に多岐にわたります。その中で不動産投資によって節税が期待されるのは、所得税、住民税、相続税の3つです。ここでは、具体的にどういった形で不動産投資で節税できるのかをご紹介いたします。

サラリーマンの不動産投資

サラリーマンとして会社勤めという本業を有しつつ、副業として不動産経営すなわち不動産投資を同時に実践する事は十分可能であり、既に安定した副収入をキープされている方々も少なくありません。二兎を追うが故に無意味な負担やリスクを背負い込まぬ、堅実な計画に基づく投資が成功の秘訣です。

国債と住宅ローンの関係

金融政策における政策には3つの政策があり、公定歩合政策である金利問題と、公開で市場操作を行う手段、そして預金準備率操作とされる支払準備率の操作が行われる事が多いのですが、2017年5月に日銀は金利を優先させる重視政策をとる方針を固めました。これらは、国民の借金である国債や住宅ローンとどのような関係があるのでしょうか。

家賃収入の確定申告

不動産経営の重要な点は、立地条件のいい場所選びと、需要の高い地域性が成功のカギとなるものです。沢山求めてもコストがかかる場合は、何が重要なポイントであるのか、そしてそれが利益につながるのかをきちんと把握する必要があります。さらに、年末には家賃収入をもとに確定申告をしなければなりません。

マンション購入の際の節税

マイホームなどを購入した際には、生命保険などと同様に、税の優遇措置を受ける事ができます。もちろん、購入物件によっての違いによって、その差が生じる事は否めませんが、購入を決断する一つの指針にもなります。そこで、マンション購入時の節税についてご紹介します。

簡単にわかるNISA

NISAという言葉をご存知でしょうか。名前だけなら知っている、あるいは聞いたことも無いという方もいることと思います。NISAとは、株式や投資信託によって出来た利益の税金が条件付きでゼロとなる制度のことです。ここでは、簡単にできるNISAの運用の仕方、メリットとデメリットをご紹介いたします。

納税準備預金とは

税金を確実に納めるために、納税専用通帳というものを作ることをおすすめします。自身で納税専用と決めた通帳を作ることも可能ですが、銀行には納税のために用意された“納税準備預金”というものがあるのはご存知でしょうか。

遺産相続の税金

遺産相続の際に相続税に関する悩みを抱える人は少なくありません。税金に関する困り事の中でも多くの人が直面する問題ともいえるでしょう。相続税の負担を小さくする方法にはどんなものがあるのでしょうか。詳しく解説しましょう。

株取引の確定申告

基本的に収入を得た場合にはその収入は所得と見なされ課税対象になりますが、確定申告の際に上手く申告を行えば節税できる事もあります。ここでは株取引にて収入を得た場合の、確定申告で上手く節税するポイントをお教えいたします。

株にかかる税金

昨今はインターネットの普及もあり、自宅で株取引を行う方も随分と増えてきました。サラリーマンの多くは会社で確定申告を行っている場合が多く、あまり税の事を理解していない方も多いことでしょう。ここでは株の税金についてご説明いたします。