「 教育費 」関連

教育費調達は無担保ローンと奨学金で

学びたくとも学費という現実問題を目の前に、志望する進路を断念あるいは迂回せざるを得ない若い世代は潜在的に少なくありません。公的な奨学金制度の存在は周知されるも、返済面で窮されるケースが報道されるなど、他よりリスクの少ない資金調達方法が見過ごせません。そこで、無担保ローンと奨学金についてご紹介します。

簡単な投資の方法

財産を増やしていく為には、目標を持っておくというのも大事な事です。結婚資金や家を建てる為のマイホーム資金、そして子供や孫たちの為の教育資金も必要になってきます。現在一番切実なのは老後の不安感から、老後の資金を貯める為の運用を考える方も増えてきました。そこで、簡単にできる投資方法を知っておくといざという時に役立ちます。

投資信託で資産分散

投資信託などを行う際に考えておかなければならないのは、投資には常にリスクが付きまとっているという事にあります。これはどのような運用方法であれ、必ず存在するものであり、1カ所だけに投資する場合は、そのリスクも大きくなると考えなければなりません。そこで大事なのが資産分散です。

公的融資の教育ローン

日本の高校への進学率は、98%程度となっていますから、中学を卒業後ほとんどの子供は高校へ進学していることになります。高校からさらに大学などへの進学を行うことも多く、その場合には約900万円のお金がかかっているという統計が出ています。子供の進学は応援したいものですが、先立つものがないといった場合に役立つ、公的融資と教育ローンをまとめてみました。

公的融資でおまとめローン

公的融資というと、国や地方自治体などが行っている融資のことになります。公的融資の場合には、目的がはっきりしているものが多く、簡単に融資を受けるということは難しいものがありますが、おまとめローンという場合にはどうなのでしょうか。

学資保険のメリットデメリット

我々は小さな頃から親元で育ち、勉強に務め学生を卒業すると社会へと旅立つ事になります。やがて結婚してそれぞれ家庭を持つ事になりますが、さらに自分たちにも子供ができ、子供たちの教育を考えなければなりませんが、その時に役立つ学資保険というものが存在しています。

保険の見直しをしよう!

物価が上昇し始めたとはいえまだ世の中は低金利時代で、お金は借りやすいですが、お金を預けて運用しようという場合は長期に預ける商品は避けたいものです。安心とお得さの両立のためには、保険の見直しをする必要があります。

人生設計はお金が重要

老後のためにお金のことを考えたり、人生設計を作っておくのは、とても大切なことです。しかし、どこから考えれば良いのか分からないという方も少なくないでしょう。今回は、簡単に人生設計を作るためのポイントをお教えします。