!シェアご協力下さい!

FXの税金を賢く節税!

FXの税金について

FXなどを含めた投資で得た利益は、投資家の運用所得と見なされますので、当然その利益に関して税金が課税される事になります。基本的に他に副収入などが無ければ、年収1000万円以下の方ならば、20万円までの収入は非課税となっています。

また、証券会社で作成した口座の種類によっては、自動的に税金が引かれている場合がありますので、ほかに口座があり損益が出ている場合には相殺の為には、確定申告を行わなくてはなりません。

また、こうした税金は、儲けが出て慌てて対策に乗り出しても、遅いという場合もありますので、前もって対策を講じておく方が何かと安心と言えます。

中には簡単にできる節税もあり、その一つは所得を減らす工夫をする事ですが、中には知らずにいると損をしてしまうような制度もありますので、そうした制度を上手く活用する事で節税に繋げていく事ができるものです。

投資に際して年間に数百万円も稼ぐのであれば、当然法人などと会社にしてしまうのが手っ取り早く、こうした場合は個人投資家であっても、法人化すると節税率もさらに高まります。

確定申告

節税の手段として認められているもの

FX取引と言えども、資金を使って利益を出すものですので、一つの立派な事業と言えるでしょう。個人事業主であれば、利益捻出する為に使われた資金が経費として認められるのは当然と言えるでしょう。経費として認められれば、出した利益から差し引く事が可能となりますので、自ずと節税になって来るのもおわかりいただけるでしょう。

経費と認められそうなものには、取引手数料がありますが、最近の利用業者はこの手数料が無料の所も多くなってきました。また、銀行振込手数料も、入金の際にはかからない場合が多いのですが、口座によっては振込手数料が発生する場合もあります。

パソコンは取引を行う上で、必ず必要となる機材扱いになりますので、購入代金を経費として扱う事ができます。しかし、100%経費として認められるには、FX専用機である事が必要で、プライベートで使用すると半額程度しか認められない事になります。

現在パソコンは数万円で購入できますが、本格的に行う場合10万円以上かかる場合がありますが、そうした場合は減価償却として処理すると良いでしょう。

手続き

税金対策

節税対策になるものには、FXを行う為のセミナー参加費やセミナー参加時の交通費なども有用で、全額経費として認められるものが多いと言えます。また、投機の勉強や参考の為に、購入する書籍代や経済新聞の購読料、同じく関連するDVDや情報商材なども、立派に経費と言えるものです。

また、パソコンで取引を行う為の電話代や、インターネット回線を利用する為のプロバイダー料金も、費用として認められるほか、スマートフォンなどのモバイル製品をお使いの場合などにも、携帯電話代として認められるものです。

ただし、プライベートでもお使いの場合には、全額認めさせるのは難しいと言えるでしょう。ほかにも筆記用具を含め、取引に必要と認められたものには、経費として認められる場合があります。

これらは、利益が20万円以上ある場合の節税対策になるものです。実際には確定申告で提出するものになりますが、領収書はもちろんの事、使用料金の明細がわかるようなものを用意しておかなければならず、口頭では無効となる事が多いものです。

¥マーク

賢い節税

投資で得た利益は、全てが所得税として20.315%が課税されますが、その内訳は所得税15%、住民税5%の他に復興特別所得税0.315%で、平成49年までこの税率が適応される事になっています。

同じ投資商品であれば、損益通算できると思われがちですが、出来るものと出来ないものが存在していますので、これを理解しておきましょう。

通算して損益をまとめられるものには、店頭取引とネット取引FXとCFDや先物取引などで、株や投資信託とETFやJ-REITなどとは損益通算にすることは出来ません。同じ投資目的の商品ではありますが、為替と有価証券などとは同一に見なす事が出来ないのです。

また普通のサラリーマンでしたら、20万円までは申告が不要となりますが、主婦の場合はこれが38万円となります。従って夫婦で滅別に口座を作っておくというのも有効で、46万円の利益が出るとすると夫が19万円、妻が37万円であれば税金が掛からない事になってきます。

過去3年分の損失の繰越しをしている場合には、過去の損失と今年の利益を相殺する事ができますので、これを適用させる為に赤字が出た場合には、確定申告をしておく必要があります。

FXで出た利益には、一定の条件で税金が課税される事になります。また、年金や保険なども、節税に利用できますので活用して行きましょう。

生活費