!シェアご協力下さい!

FXのローソク足の種類

ローソク足の基礎知識

ローソク足とは、「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値動きをローソクのような形のグラフで表したものです。ローソク足の太い部分は始値と終値の価格差を表し、「実体」と言います。また実体から高値のラインまで伸びている線を「上ヒゲ」、実体から安値のラインまで伸びている線を「下ヒゲ」と言います。

またローソク足は、始値よりも終値が高かった場合を「陽線」、始値よりも終値が安かった場合を「陰線」と言います。「陽線」と「陰線」は2色に色分けされています。

FXはチャートと呼ばれるものを見て取引をします。まずはこのチャートの見方を覚えなくては、FXは始められません!ここでは、とっても簡単にFXチャートの見方について解説していきます。

ローソクの名称

ローソク足は陽線と陰線、ヒゲと実体のパターンによって様々なサインが読み取れます。ここからは、ローソク足の基本型についてご紹介していきます。

大陽線(だいようせん)

大陽線とは、実体が長い陽線のことを言います。これには長さなどの明確な基準はなく、まわりのローソク足と比べて長いものを指します。買いたい人が多く、始値から終値まで上昇の勢いが強い状態を意味し、この後はしばらくレートが上昇しやすい傾向にあります。大陽線が下降トレンドの底値ラインで発生した場合、トレンド転換のサインになります。

大陽線

陽の丸坊主(ようのまるぼうず)

陽の丸坊主とは、上ヒゲと下ヒゲがどちらもない大陽線のことを言います。これは始値と安値が同じで、そのあと大幅な値上がりをして高値と終値が同じだったことを表します。陽の丸坊主は最も強い上昇のサインとされています。

陽の丸坊主

陽の大引け坊主(ようのおおびけぼうず)

陽の大引け坊主とは、陽の丸坊主に下ヒゲがあるものを言います。始値から一旦下がったものの、すぐに買いが集中し大幅な値上がりをして、高値と終値が同じ価格だったことを表します。前日の上昇による利益確定売りがあったが、買いたい人が多く上昇トレンドがこのあとも続くことを暗示しています。

陽の大引け坊主

陽の寄り付き坊主(ようのよりつきぼうず)

陽の寄り付き坊主とは、陽の丸坊主に上ヒゲがあるものを言います。始値と安値が同じで、上昇の勢いが強く値上がりしたが、終わりまではその勢いが続かなかったことを表しています。上ヒゲが長く上昇トレンドで現れた場合、天井が近いことを暗示しています。

陽の寄り付き坊主

大陰線(だいいんせん)

大陰線とは、実体が長い陰線のことを言います。大陽線同様、長さなどの明確な基準はなく、まわりのローソク足と比べて長いものを指します。売りたい人が多く、始値から終値まで下降の勢いが強い状態を意味し、この後はしばらくレートが下降しやすい傾向にあります。大陰線が上昇トレンドの天井ラインで発生した場合、トレンド転換のサインになります。

大陰線

陰の丸坊主(いんのまるぼうず)

陰の丸坊主とは、上ヒゲと下ヒゲがどちらもない大陰線のことを言います。これは始値と高値が同じで、そのあと大幅な値下がりをして安値と終値が同じだったことを表します。陰の丸坊主は最も強い下落のサインとされていますが、底値ラインで現れた場合にはそこから上昇する可能性もあります。

陰の丸坊主

陰の大引け坊主(いんのおおびけぼうず)

陰の大引け坊主とは、陰の丸坊主に上ヒゲがあるものを言います。始値から一旦上がったものの、すぐに売りが集中し大幅な値下がりをして、安値と終値が同じ価格だったことを表します。このあとさらに値下がりをすることを暗示していますが、週足で現れた場合にはそこから上昇する可能性が高くなります。

陰の大引け坊主

陰の寄り付き坊主(いんのよりつきぼうず)

陰の寄り付き坊主とは、陰の丸坊主に下ヒゲがあるものを言います。始値と高値が同じで、そのあと大きく値下がりしたが、終値が安値より少し高い価格で着地したことを表します。他の大陰線と同様、このあとさらに値下がりをすることを暗示しています。またこの線も、週足で現れた場合にはそこから上昇する可能性が高くなります。

陰の寄り付き坊主

小陽線(しょうようせん)

小陽線とは、実体が短い陽線のことを言います。小陽線もまた、どのくらいの短さでという明確な基準はなく、まわりのローソク足と比べて短いものを指します。売りたい人と買いたい人がほぼ等しく、互いに張り合っている状況で、買いたい人が若干多い状態を意味します。始値と終値の幅が狭く、トレンドに勢いがない状態です。

小陽線

陽のコマ(ようのこま)

陽のコマとは、実体とヒゲのどちらも短くコマのような形をしている陽線のことを言います。始値から終値まであまり値動きがなく、相場が先行き不透明でどちらに振れるか迷っていることを表します。またトレンドの勢いが弱まった時に出やすく、売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態とも見ることが出来ます。高値ラインや底値ラインで現れた場合には、トレンドの転換の可能性が高くなります。

陽のコマ

陽のカラカサ(ようのからかさ)

陽のカラカサとは、上ヒゲがなく下ヒゲが長い小陽線のことを言います。始値から一旦大きく下がったが、始値より少し高い価格で高値と終値が同じだったことを表し、とても強い上昇を暗示しています。底値ラインで現れた場合には、そのあと本格的な上昇トレンドが予測されます。

陽のカラカサ

陽のトンカチ(ようのとんかち)

陽のトンカチとは、上ヒゲが長く下ヒゲがない小陽線のことを言います。始値と安値が同じで一旦大きく上がったが、そのあとまた下がり結局終値が始値より少し高い価格で着地したことを表します。上昇トレンドの高値ラインで現れた場合には、そのあと下落する可能性が高くなります。

陽のトンカチ

上ヒゲ陽線(うえひげようせん)

上ヒゲ陽線とは、上ヒゲが長く下ヒゲが短い小陽線のことを言います。上ヒゲ陽線には2パターンあり、「始値から一旦上がり、そのあと一気に始値を下回るまで下がったものの、最終的に始値よりも少し高い終値で着地した」パターンと、「始値から一旦下がり、そのあと一気に上がるものの、勢いが続かず結局始値よりも少しだけ高い終値で着地した」パターンがあります。

どちらのパターンであっても、買いの勢いが強いが売りの勢いがそれを上回り、相場の勢いが衰えてきたことを暗示しています。上昇トレンドで現れるとこれから下落するサイン、下降トレンドで現れると底打ちのサインでもあります。

上ヒゲ陽線

下ヒゲ陽線(したひげようせん)

下ヒゲ陽線とは、下ヒゲが長く上ヒゲが短い小陽線のことを言います。下ヒゲ陽線には2パターンあり、「始値から一旦上がり、そのあと一気に始値を下回るまで下がったものの、最終的に始値よりも高い終値で着地した」パターンと、「始値から一旦下がり、そのあと一気に上がるものの、勢いが続かず結局高値より少し下がった終値で着地した」パターンがあります。

下ヒゲが長く上ヒゲが短いほど買いの勢いが強く、そのあとも上昇していくサインとされています。

下ヒゲ陽線

小陰線(しょういんせん)

小陰線とは、実体が短い陰線のことを言います。小陰線もまた、どのくらいの短さでという明確な基準はなく、まわりのローソク足と比べて短いものを指します。売りたい人と買いたい人がほぼ等しく、互いに張り合っている状況で、売りたい人が若干多い状態を意味します。始値と終値の幅が狭く、トレンドに勢いがない状態です。

小陰線

陰のコマ(いんのこま)

陰のコマとは、実体とヒゲのどちらも短くコマのような形をしている陰線のことを言います。始値から終値まであまり値動きがなく、相場が先行き不透明でどちらに振れるか迷っていることを表します。またトレンドの勢いが弱まった時に出やすく、売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態とも見ることが出来ます。連続して現われた場合には、将来的に大きな下落があることを暗示しています。

陰のコマ

陰のカラカサ(いんのからかさ)

陰のカラカサとは、上ヒゲがなく下ヒゲが長い小陰線のことを言います。始値と高値が同じで、一旦大きく下がったが、終値が始値より少し低い価格だったことを表します。陽のカラカサ同様、とても強い上昇を暗示し、底値ラインで現れた場合にはそのあと本格的な上昇トレンドが予測されます。

陰のカラカサ

陰のトンカチ(いんのとんかち)

陰のトンカチとは、上ヒゲが長く下ヒゲがない小陰線のことを言います。始値から一旦大きく上がったが、そのあとまた下がり結局始値より少し低い価格で安値と終値が同じだったことを表します。陽のトンカチ同様、上昇トレンドの高値ラインで現れた場合にはそのあと下落する可能性が高くなります。

陰のトンカチ

上ヒゲ陰線(うえひげいんせん)

上ヒゲ陰線とは、上ヒゲが長く下ヒゲが短い小陰線のことを言います。上ヒゲ陰線には2パターンあり、「始値から一旦上がり、そのあと一気に始値を大きく下回ったものの、最終的に始値よりも少し低い終値で着地した」パターンと、「始値から一旦下がり、そのあと一気に始値を大きく上回ったものの、勢いが続かず結局始値よりも少しだけ低い終値で着地した」パターンがあります。

上ヒゲ陽線同様、どちらのパターンであっても買いの勢いが強いものの売りの勢いがそれを上回り、相場の勢いが衰えてきたことを暗示しています。また、上昇トレンドで現れるとこれから下落するサイン、下降トレンドで現れると底打ちのサインでもあります。ただし、上ヒゲ陽線よりも上ヒゲ陰線の方が下落の勢いが強いとされています。

上ヒゲ陰線

下ヒゲ陰線

下ヒゲ陰線とは、下ヒゲが長く上ヒゲが短い小陰線のことを言います。下ヒゲ陰線には2パターンあり、「始値から一旦上がり、そのあと一気に始値を大きく下回り、そのあとまた上昇したものの最終的に終値は始値には届かず着地した」パターンと、「始値から一気に下がり、そのあと一旦始値を上回るまで上昇したものの、勢いが続かず結局始値よりも低い終値で着地した」パターンがあります。

下ヒゲ陽線同様、下ヒゲが長く上ヒゲが短いほど買いの勢いが強く、そのあとも上昇していくことを暗示しています。ただし下ヒゲ陽線では終値が始値を上回っているのに対し、下ヒゲ陰線では始値まで戻すことが出来ていないため、下ヒゲ陽線と比べると上昇の勢いは弱いと言えます。また下ヒゲ陽線とは違い、下落する可能性もあります。

下ヒゲ陰線

十字線(じゅうじせん)

十字線とは、始値と終値が同じで実体がないローソク足のことを言います。寄り引き同時線、転換線とも言われています。値動きはあったものの、結局始値の価格に戻ったことを意味します。売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態で、トレンド転換のサインと言われ、このあと価格がどちらかへ大きく動くことを暗示しています。また投資家に迷いが生じ、様子見している状態でもあります。

十字線

足長同時線(あしながどうじせん)

足長同時線とは、上ヒゲと下ヒゲがともに長い十字線のことを言います。また上ヒゲと下ヒゲが同じ位の長さのものを寄せ線と言います。基本の十字線同様、売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態で、トレンドの転換点を暗示しています。ただしヒゲが長い分、高値と安値に大きな値幅があります。また上昇トレンドの高値ライン、下降トレンドの安値ラインで現れた場合にはトレンド転換の可能性が高くなります。

足長同時線

四値同時線(よんねどうじせん)

四値同時線とは、「始値」「終値」「安値」「終値」のすべてが同じ価格のローソク足のことを言います。そのほとんどは投資家に迷いが生じ、様子見している状態ですが、トレンドの転換点となる場合もあります。四値同時線が日足以外で現れることは滅多にありません。

四値同時線

トンボ(とんぼ)

トンボとは、上ヒゲがなく下ヒゲが長い十字線のことを言います。一旦始値から下がったが、そのあとまた上がり、最終的に終値が始値と同じ価格で着地したことを表します。基本の十字線同様、売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態で、トレンドの転換点を暗示しています。上昇トレンドの高値ラインで現れると買いの勢いがなくなったことを意味し、下降トレンドの安値ラインで現れると買いの勢いが出てきたことを意味しています。

トンボ

塔婆(とうば)

塔婆とは、上ヒゲが長く下ヒゲがない十字線のことを言います。始値から一気に上がったものの、売りの勢いがなくならずに結局終値が始値と同じ価格まで戻ったことを表します。トレンドが終わったことを暗示し、基本の十字線同様、そのあと売りたい人と買いたい人が釣り合っている状態へ移行する可能性が高くなります。

塔婆

まとめ

今回はFXのローソク足の種類をご紹介していきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。FXではチャートを見ながら取引を行います。チャートを読むうえで、今回ご紹介したこのローソク足の種類は、基本中の基本です。これらを知っておかなければ、チャートの分析を行うのは難しいと言えるでしょう。もしこの先FXチャートで行き詰まることがあれば、いつでもこの基本に戻り、ぜひあなたのFX取引に役立ててください。