!シェアご協力下さい!

FXのリスク

取引におけるリスクとは

株式や外国為替証拠金取引に関わらず、投資と呼ばれるものには必ずリスクというものが存在しています。比較的安全とされている銀行預金も、銀行が破たんしてしまえば銀行法で、元金が戻ってくる場合もありますが、必ずしも金利が戻って来るものではありません。

投資におけるリスクには色々な要素がありますが、そのひとつは変動によるものがあります。この変動は相場と呼ばれるもので、相場は需要が多いと価格が跳ね上がって行き、逆に需要が少ない場合は値下がりして行くのがその特徴と言えます。

また相場は、需要と供給のバランスの指標でもありますので、需要に対して供給が追い付かない場合にも相場は上がって行き、需要があっても供給過多になり過ぎる事で価格は下がって行くものです。実際の投資における相場では、金利や為替レートまた株取引では、株価指数の価格の変動などによって、大きな損失が発生する場合があります。

信用リスクにおいて、投資利用者が破綻した時などには、返還の手続きが終了するまでの間に時間を浪費したり、不測の損失を被る可能性もある事を踏まえておかなければなりません。

現在取引を行う場合には、インターネット回線を通じての取引が行われますが、この回線にトラブルが生じた場合には、不測の事態も起こり得る事で、これをシステム障害リスクとしています。ほかにも政府の対応によっては、税制や法律などの変更リスクを伴う場合も可能性としてあります。

生活費

FXでのリスク

クロスカレンシーとは、クロス通貨の事を意味しており、FXにおいては日本円を含まない通貨ペアの事を意味しているものです。こうした取引を行う際には、外貨同士のリスク以外に決済する場合の円為替のリスクを更に追う事になり、これをコンバージョンリスクと言います。

また日本の通貨を含む外貨にも、国で定められた金利がありますが、この金利は決して固定というわけではなく、常に動いているものですので、金利変動リスクというものが発生します。つまりこうした金利の変動によって、保有するポジションの金利相当額やスワップポイントの受取額が減少する事もあり、これにより支払額が発生する可能性がある事は知っておかなければなりません。

同時に為替レートも常に動いていますので、需要と供給のバランスにより、大きく変化します。これにより円高が進む事で、購入した外貨の価値が下がって行きますので、こうした値動きには細心の注意が必要なのです。

また流動性のリスクというものも存在しており、流動性の低い状態では、対当する注文数が少なくなりますので、思ったレートで売買が成立しなかったり、スプレッドが通常よりも広がって取引条件が不利になる事も少なくありません。

失くなるお金

取引業者の安全性

FX取引においては、過去には随分とずさんな業者の存在がありました。この取引が一般業者でも行えるようになった背景には、1998年に外為法が改正されたことによるもので、個人や企業が自由に外為取引する事が可能になったわけです。

しかし、法整備が整っていたわけではなく、零細企業の参入などが問題になっていた為、2005年には改正金融先物取引法が成立し、この改正によって財務基盤が弱い企業は減ったものの、投資者の預かり金を保全するという措置が取れていおらず、倒産しても証拠金が返還されないという事が度々起こりました。

この問題から2010年になると、顧客の資産をFX業者の資産と分別した上で、第三者の期間である信託銀行などに保管する事が義務付けられていますので、この義務違反を犯して居なければ、現在の取引業者は比較的安全な会社と言えるでしょう。

これは信託保全と呼ばれているもので、この管理が執行されていない業者には相当のペナルティが課される事になっていますので、証拠金保護に関するリスクが随分小さくなってきたわけです。

為替

リスク分配の方法

初心者でよく失敗する方たちの7割以上が、FX会社を選定を適当に選んでいた為に、上手くいかなかったという事が見受けられます。

これはこうした業者の向き不向きの取引などがある為で、自分の取引スタイルにあっていなかったために起こるものとも言われています。では自分の見合う取引スタイルとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

簡単に言えば、外国為替証拠金取引では、運用方法をどのようにしていくかですが、簡単に言えば短期運用で行うか、長期運用で行うかによっても違ってくるものです。張り付いてチャートを常に見られる環境ならば短期投資が可能になりますし、そうでなければ長期あるいは中期運用という形で投資を行わなければうまくいきません。

またそれぞれ運用方法にはリスクがありますので、一つの投資が上手く行っている場合は良いのですが、残念ながら100%の勝率というものは、プロのトレーダーにでも実現することは不可能に近いものです。そこで、投資方法を一つにせずに、3つや4つに分けて運用する事で、そうしたリスクを分散させるという方法をとるわけです。

FX投資にはリスクが必ず付きまとうもので、リスク回避にはマージンコールとロストカットというシステムがありますが、レバリッジを掛ければかけるほど、そのリスクも大きくなって行くものです。つまり証拠金をベースにして運用方法を考えておく必要があるわけです。

¥マーク