「 投資 」関連

不動産投資とは

現在日本の一般的な銀行や郵貯などは、預け入れを行っても金利が安く普通口座では金利が0.05%と100万円を預けても税引きで年間400円ほどにしかなりません。そこで今人気の投資方法、不動産投資とはどのようなものか、簡単にご説明いたします。

賃貸の経営を行うためには

不動産投資にもいろいろなものがあり、その中の一つに賃貸物件の経営がありますが、賃貸の物件を手に入れればすぐに経営することができるということではありませんし、きちんと知識を持って経営することが大切です。知識のないまま成功することができるほど甘くはないと考えた方が安全でしょう。

中古マンションの経営

ご所有の空き部屋を活用、あるいは新たな中古物件を調達からの中古マンション経営は、安定した家賃収入の確保が大きな魅力ですが、同時に経営者として理解実践すべき諸々も少なくありません。まずは正しい知識に基づきメリットデメリット、リスクへのきちんとした理解が求められます。

中古アパートの経営

前オーナーから中古アパートを譲り受け、自らが経営に着手される機会は、不動産経営を視野に入れておられた方々にとっては「渡りに船」的なチャンスに違いありません。こうした場面で求められるのが、安易に二つ返事で飛びつかぬ慎重な姿勢と正しい関連知識に他なりません。

わかりやすい資産運用

親から譲り受けた財産や自分でせっかく築き上げた資産があったとしても、それを運用して行かない事には資産は目減りしていく一方で、代を重ねるごとにどんどん少なくなって行きます。そのため資産運用は非常に大切なことですから、初心者にでもわかりやすい投資方法からでも行っていくことをおすすめ致します。

若いうちから始めよう!おすすめの資産運用

バブルの時代は三高などと言われ、年収は最低1000万と女性たちの間では言われていました。実際当時はIT関連会社は高収入で、そうした給与をもらう男性も多かったものですが、2017年現在は平均年収でも500万円台で、貯蓄率が高くなるのも致し方ない事でしょう。そんな時代だからこそ資産運用について考えていきたいものです。こちらではおすすめの資産運用についてご紹介致します。

銀行の金利

銀行の主な収益は、貸出の金利や有価証券利息配当が大きな割合を占めてきましたが、ほかにも手数料や所有資産から得られるものもあります。もちろん、預金などによる利息も支払わなければなりませんので、かなり薄利多売的な業務と言えるでしょう。

基準価額とは

投資信託における常識とも言える基準価額とは、単に値段の事を指しており、こうした投資信託の最も基礎的な専門用語と言えます。また最小単位は1口となり、運用を行う信託の配当や金利などの利回りも、この1口を基準にしているものなのです。

株の基礎知識【入門】

株と聞くと、大儲けか大損かの両極端なギャンブルのようなものを想像する方は多いのではないでしょうか。しかし、今では少額の資金で株を始めることもでき、初心者に対する敷居も下がっています。ここでは、これから株を始めてみたいと思う方の参考になる入門的な内容を紹介します。