「 投資 」関連

個人向け国債で投資は可能か

2003年頃からテレビのコマーシャルでも流されるようになった国債のCMですが、有名俳優や人気の高い女優を使っているにもかかわらず、個人向け国債の売れ行きはあまり芳しくないようです。やはり現在は、投資するには金利が低いというのが致命的なのでしょうか。こちらでは国債の投資方法についてご紹介いたします。

国債の金利

元本が保証されていることから、最も安全な投資方法と言われている国債ですが、投資といえばやはり気になるのがその金利です。こちらでは現在の日本の国債では金利はいくらで、どの程度の見返りがあるのかをご紹介いたします。

国債を購入するリスク

国が発行し、国の重要な収入源となっている国債。そんな国内の国債は比較的に、国民がだれでも簡単に購入でき、元本が保証されていることから、投資商品の中ではリスクが一番少なく、最も安全な投資方法として人気を博しています。しかし、もちろんリスクが全くないわけではありません。国債を購入する際のリスクには一体どんなものがあるのでしょうか。

国債を購入するメリット

投資における国の債権には、日本銀行という後ろ盾があり、これが一つの安心感となっているのがメリットです。ここでは、国債の種類やメリットなどについて詳しくご紹介いたします。

【初心者】不動産投資の基礎知識

不動産投資というとマンションやアパートの経営などを行って収益を得るということですが、初心者が行うことができるのか心配な人も多いでしょう。なんとなく不安を感じて踏み出すことができないという人も手助けしてもらうことができる手段もありますから、まずはどのような方法があるのかを知ることが初心者には大切です。

国債と住宅ローンの関係

金融政策における政策には3つの政策があり、公定歩合政策である金利問題と、公開で市場操作を行う手段、そして預金準備率操作とされる支払準備率の操作が行われる事が多いのですが、2017年5月に日銀は金利を優先させる重視政策をとる方針を固めました。これらは、国民の借金である国債や住宅ローンとどのような関係があるのでしょうか。

個人向け国債の買い方

国の債券である国債は、個人向けに販売されている商品もあり、どこの金融機関でも取り扱われていますので、個人でも簡単な買い方で手に入れられる債権と言えるでしょう。基本的に預貯金の定期預金とよく似ており、満期になれば当然支払いがあります。

不動産投資の失敗

全ての投資家が期待通りの収入を得られるとは限らないからこそ投資という仕組みが成り立ち、不動産投資においての失敗の例が各所で語られ配信されているのも現実です。こうした事例を反面教師として真摯に受け止め、自身を戒める姿勢がリスク回避に繋がります。

不動産投資の初期費用は?

不動産投資は新築や中古に関わらず初期費用が大きいので、それなりの資金が必要です。そのため、資金を準備するためにローンを組んでいく上でも融資がスムーズに行われない可能性もあり得ます。

不動産投資の成功率

現在の不動産投資の場合はバブル時代のように短時間での転売があまり行えないという事もあり、長期運用で投資を行いたいという方に向いている投資方法と言えます。投資の成功率を高めるにはリスクを回避する事が最重要課題という事になります。