!シェアご協力下さい!

納税準備預金とは

納税準備預金とは

納税準備預金とはそのままの意味で、納税に充てる為のお金を預けておく事を目的とした預金の事です。一般企業などのサラリーマンや公務員などは、給与で自動的に税金が天引きされているとあってほとんど関係の無いものです。

納税準備預金は、給与によって自動天引きされている一般の方はあまり関連性の無いものですが、これを差し引いている企業などでは、実際問題として利用されるべきのものです。一般企業では3月期が決済月となりますので、その後慌てて納税資金を用意しなければならないというケースも多いものです。

また5月は納税の多い月でもあり、自家用車をお持ちの方なら自動車税が必要で、家屋などの不動産をお持ちの方なら、固定資産税や都市計画税の支払いもあり、個人一般に普通徴収では住民税の第1期の納付時期でもあるのです。

企業というものは、運転資金が無ければ事業が成り立ちませんので、運転資金に重点を置く事が多く、税金の納付資金が準備できずに慌てるという事もあります。こうした場合に、あらかじめ用意しておくと助かるのが、この納税準備預金で納税資金の貯蓄が、計画的で手軽に行える事が最大の利点でしょう。

形態は金融機関の預金である為に、この本預金からの直接口座振替も可能となりますので、手間もあまりかからない事からこうした納税準備預金を利用する企業も増えており、メリットは他にもあるのです。

納税準備預金のメリット

納税準備預金は、一般企業などが税金を納める為に開設する口座ですが、どの銀行や信用金庫などでも開設できる1つの口座です。ただ単に納税用の口座を用意するのであれば、普通預金でも良いはずですが、この預金の特色には預金利息は非課税というものがあるのです。

一般的に見れば、どのような形の預金でも、投資と色合いがある為に、利子には一定の税金がかけられるようになっており、所得税として利息が20.315%の税率で課税される事になっています。この利息が半端なのは、内訳に復興支援金が含まれているもので、先の東北大震災の復興に使われているものです。

この利息分が、納税準備預金には差し引かれないようになっているのが、特徴で利息の恩恵がそのまま受けられるようになっているわけです。ただし、随時預け入れが条件で、納税目的以外の払い戻しをした場合には、税金が自動的に差し引かれるものとなっている事は、注意しておかなければなりません。

またメリットとしては、普通預金よりも利率が高い事があり、納税用の資金が利子分丸々増やせるというメリットがあります。また、手が付けられない形ですので、倹約にもつながると言えるのでしょう。

グッド

一般人でも利用できる納税準備預金

この納税準備預金は、納税を行う為の預金と言えるもので、一般サラリーマンにはほとんど関係のないように見えますが、知っておけばいざと言う時の為の、メリットが受けられる事を覚えておく必要があります。

ご存知の通り、税金を支払う預金ですので、その税金がどの様な形の税金であってもいいわけです。サラリーマンであっても、自宅が所有物であれば固定資産税を支払っていますし、都市計画税や車を所持していれば車の税金も、毎年支払っているはずです。

こうした税金の支払い名目で、納税準備預金を積み立てておくと、利子に税金が付かない為に、非常に有利でお得に支払う事ができるという事になります。また、親に財産があるのであれば、相続税もこの預金から支払う事が可能ですので、生前贈与をこの預金に入れておくという、活用方法もあるのではないでしょうか。

当然複利で増えていきますので、利用が早ければ早いほどお得になって行くことは確実で、仮に年利が2%で相続税を1000万円払う場合、20万円分お得になるという計算になります。

わかった!

納税準備預金通帳を作るには

納税準備預金通帳を作るには、通常の普通預金を作る時と同じように金融機関に出向いて作る事になります。この通帳の特徴が納税用という事もあり、引き出す際には租税納付の為とわかるように、納付書や納税告知書が必要で、その他租税納付の為の書類の提出も必要となってきます。

もちろん税金の自動振替口座に指定できますので、あらかじめ設定さえしておけば、面倒な手続きは不要となってきます。企業などの法人であった場合、業績が伸びずに赤字に陥ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、消費税課税事業者の場合荷は、いくら会社が赤字であっても、消費税分の課税は免れるものではありません。したがってどのような事があっても、消費税分の支払資金の確保は必要で、毎月試算表を作成し、仮受消費税と仮払消費税との差額金額を通帳に預け入れる事を忘れないようにしなければなりません。

また個人では自動車税や固定資産税と都市計画税は、ほぼ毎年決まった額の支払いを行っているはずですので、これを均等に割って月別で振り込んでいくと家系に負担がかからないでしょう。

納税準備預金とは納税に上手く利用して行く事で、利子が税金で差し引かれる事が防げます。同じサイフで支払っているのですから、考え方によっては利子の税金分、お金を節約できるという事になりますのでうまく活用して行きましょう。

主婦