!シェアご協力下さい!

教育費調達は無担保ローンと奨学金で

奨学金制度とは

奨学金とは読んで字の如く、学びたい、学校に通いたいと願っても学費面の確保が難しく、経済的理由で進学を断念せざるを得ない若者達を支援すべく、所定の手続きからの審査を通じ、学費に充当する一定金額を貸し付ける制度です。

ここで一般的にキャッシングサービスと称される金融機関が提供する貸付と大きく異なるポイントとして、学生として学びたい本人へ貸し付け、卒業から社会人となった後に本人が返済するという特徴的なシステムが挙げられます。

ご存知のように無担保ローンは未成年や学生、そして定収入を持たない人達は利用出来ず、奨学金制度の目的が「学びたい若者の支援」という1点に特化している点を理解しておきましょう。

この制度を利用した本人は、所定の返済期限内な利息を含めての返済義務を有します。この点は無担保ローンと共通する契約上当然の義務ですが、昨今では成人後思うように仕事に就けない、経済的窮地が続くなどの理由から返済が叶わず、契約不履行すなわち延滞状態に陥る利用者が増加傾向を見せている事実が、各メディアを通じて報じられています。

奨学金制度を利用から卒業後、100%確実に経済的余裕を持って当事者が返済可能である事を前提とした学費支援制度であり、未来に生じる想定外の展開などのリスクへの配慮が見当たらぬ借入である事を十分理解の上、利用に踏み切る慎重な判断が求められるのも事実です。

勉強する子

無担保ローンで学費の工面

卒業後に我が子が奨学金の返済に追われ、金銭面を含めた心身共に豊かな社会人生活が送れなくなる展開は、保護者としては回避したくて当然であり、何らかの方法で自分達が学費を工面してあげたいと願って当然です。

そこで選択して浮上するのが、今日多くの金融機関が提供する無担保ローンというサービスです。例えば私立大学入学に際し、まとまった入学金の工面が厳しい反面、学費に関しては本人がアルバイトなどで何とか対応可能であると算段出来た場合など、ニーズに応じた必要額を迅速に調達する場面などに適しています。

多くの無担保ローンの場合、あくまで契約者が返済義務を負うため、借入時点で学びたいお子様に契約上の返済義務が直接及ぶ事はありません。申請に際しても主たる利用目的を伝えるのが一般的ですが、フリーローンすなわち目的や用途が自由なサービスも数多く、借入金額を結果としてお子様の学費に充当するのも自由です。

但し金利面に関しては本人に貸し付ける奨学金制度と比較して高い利率であり、借入翌月から返済義務が生じるため、完済までの綿密な返済計画を、ご家族のライフプランと重ね合わせて見極めておかねばなりません。

家計簿

学生の無担保ローン

あくまで各金融機関が提供するサービスの利用資格の有無に基づく借入方法として、学生でも入会可能なカードのキャッシング限度額内での借入から学費に充当する流れは理屈上可能です。

こうしたATMを窓口とした手軽なキャッシングサービスも無担保ローンの一種であり、奨学金制度申請に際しての手間暇を回避すべく、より迅速で簡単に現金を調達出来る手法として、多くの学生に活用されているのが現状です。

ここで注意すべきポイントとして、返済方法のメカニズムをしっかりと理解しておく作業が見過ごせません。借入から返済すべく新たな借入を重ね、自転車操業の果てに経済的に破綻してしまう方々は後を絶っていないのが現状です。

更には過払い金云々のメリットを謳う宣伝をから「返済に窮すれば弁護士に頼んで金融機関から逆にお金を引っ張ってもらえる」など、現実離れした安易かつ誤った解釈で無担保ローンを捉えてしまっては取り返しがつきません。

本4冊

返済計画を立てよう

奨学金制度あるいは無担保ローンいずれかを利用し、学費を調達するもその後の返済に窮される方々の多くが、返済計画を十分に見据えぬままの利用に及んでいるのが現状です。

「誰もが利用出来る便利な制度だから」「知人も利用しているから」「後で返せば大丈夫だから」などと、利用する時点を「点」で捉え、その後のライフプランも全てが順風満帆に展開する、最高の状態の継続を当然と捉えられる傾向が顕著です。

自身に非が見当たらずとも、結果留年してしまう、新卒者として内定が得られなかった、入社後勤務先と合わず、早期退職から再就職活動する展開となったなど、奨学金を本人が返済する上でいずれも大きな障害となる展開です。

社会人デビュー後、自身での全額返済責任を負う奨学金制度の利用に際しては、想定されるさまざまなパターンを十分にシミュレーションの上、二の手三の手が講じられる体制を構築すべく、家族内での十分な事前討議が欠かせません。

本人に貸し付けられ、社会人として働きながらの返済義務を負う奨学金制度、対して保護者が目的用途を自由に選択可能な無担保ローンの活用など、外部からの学費調達手段には複数の選択肢が存在します。大切なのは近未来の展開を十分にシミュレーションの上、確実に返済可能な計画に基づく活用です。

節約