!シェアご協力下さい!

リボ払いと無担保ローンの違い

クレジットカードの使い方

クレジットカードは現在では誰もが1枚は持っているのではないかという程に一般的なものとなりました。実際に買い物などで利用することでとても便利な存在となっていますが、使用しているクレジットカードの機能はどのようなものとなっているのか理解しているでしょうか。

例えば支払い方法には一括払いや分割払いがあり、もう一つリボ払いがあります。リボ払いに関しては理解している人も多いのですが、確認しておくと買い物をした際に毎月決まった金額を支払う方法となります。利用金額によって支払う金額は違ってきます。

分割の支払とどう違うのかという疑問を持つ人も以前はいましたが、分割払いでは、利用した分の金額を何回かに分けて支払いを行うということになり、リボ払いは支払回数を決めるのではなく一定額を支払うということになりますから何回で支払うのは、その時々で違ったものとなってきます。

レシートいっぱい

リボ払いと無担保ローンの違い

リボ払いは買い物をするときに無担保ローンと同じような感覚で利用している人も決して少なくありません。問題なく使用しているうちは確かにそれほど違いを感じることもないのですが、実は全く違ったものとなりますから、理解しておく必要があります。

リボ払いでショッピングをした場合には、仮に支払の途中で支払ができなくなってしまった場合には買い物した物がカード会社のものとなります。これは、リボ払いでの買い物の場合では、買い物をした物の抵当権がカード会社にあるためです。例えば家具をリボ払いで購入したが支払ができなくなった場合には、その家具はカード会社のものとなるということです。

では、無担保ローンはというとその名の通り無担保でお金を借りることになりますから、家具は購入した本人の物となり、支払いができなくなっても家具がカード会社の物になるということはありません。利用しているときには似たような感覚ですが、実際には全く意味が違うということを理解しておくことが大切です。

わかった!

リボ払いとキャッシング

リボ払いとキャッシングではどちらを利用したらよいのかよくわからないという人も少なくないでしょう。キャッシングだけでなく一括払いであったり分割払いであったりといったことでもどうしたらよいのかよくわかっていないということもあります。

多くの場合で、その時都合のよい返し方を選択するということになりますが、担保ということで考えるとキャッシングは無担保ローンということになり、リボ払いでは購入したものが担保という形になりますから、できれば担保がない方がよいのではなかと考えます。

しかしここで金利のことを考えてみるとまた違ったものとなってきます。一般的にも無担保ローンは担保のあるローンよりも金利が高いものとなっていますが、これがリボ払いとキャッシングにも言えます。

キャッシングは無担保ローンということになりますから、金利は高めということになります。他にも手数料も発生しますから、少しでも支出を抑えるということを考えるのであればリボ払いの方が費用が安くなる可能性があります。

スキャン

リボ払いを無担保ローンでまとめる

リボ払いはとても便利なものとなっています。買い物をしても分割などの支払になるとその月々で支払う金額に違いが出てきますが、リボ払いであれば毎月決まった額での支払いということになりますから計画が立てやすいということがあります。

しかし、便利であるだけについつい使いすぎてしまうという可能性もあります。特に何枚かのカードを持っているような場合には、知らず知らずに大きな額になっているということもあり、いくら同じ額とはいっても一体いつまで支払を行えばよいのかということもあります。

便利であるから使うということではなく、一度きちんと見直しをしてみることも大切なことになってきます。現在いくらぐらいの残高となっているのか終了するまでにはどのくらいの期間が必要なのか、さらには手数料や金利がどの位になるのかということも重要です。

ときには一度無担保ローンでまとめて支払いをしてしまった方が金利などがかからずに済むような場合もあります。便利だからというだけで利用していることで後で苦しくなってしまうことにもなりかねませんから、きちんとどのくらいの残高になっているのかなど気にしておくこともが必要です。その上で残高が大きくなっているようなら精算する方法を検討することも必要です。

リボ払いでのショッピングはとても便利なものですが、いくつかカードを利用しているような場合には思ってもいない大きな額になってしまう場合もありますから一度確認して、問題がないのかを検討してみることも必要です。また、使用する際には手数料や金利なども考えることが大切です。

主婦