!シェアご協力下さい!

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組み

通常の預金は日本円を預けますが、外貨預金とは外国の通貨で預金をすることです。テレビや新聞などで「円相場」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、外貨預金には円相場が大きな影響を与えます。

例えば「1ドル=100円」の時に、アメリカドルで外貨預金を始めたとしましょう。100万円をアメリカドルにすると1万ドルとなりますが、これが「1ドル=90円」の円高になったとします。預けた1万ドルはこの時点で90万円に目減りしてしまうので、ここで払い戻しをすると損をしてしまいます。

逆に「1ドル=110円」の円安になったとすると、預金してある1万ドルは110万円となり、預けた時よりも10万円分価値が上がりました。ここで払い戻しをすれば、10万円が利益となりますね。これが、外貨預金の大まかな仕組みです。

世界の通貨

外貨預金のメリット

安い時に買って高い時に売るのであれば、株式とあまり大差はありませんが、外貨預金が異なるのは「金利がある」ということです。その国の中央銀行が、民間銀行にお金を貸す時の金利を「政策金利」と言いますが、日本円は政策金利が世界有数の低金利国です。

日本円以外の外国の通貨は、日本円よりも政策金利が高いことが多く、日本円を預金しているよりも高い利息をもらえる可能性が高いのです。

グッド

外貨預金の注意点

一方、外貨預金を扱う際には、気をつけなければならない点がいくつかあります。

円高

円安になって初めて、外貨預金は為替差益のメリットが生まれるわけで、先ほどの例でさらに円高が進み「1ドル=70円」にでもなってしまったら、1万ドルは70万円分の価値にさらに目減りしてしまいます。

為替コスト

海外旅行に行って日本円をアメリカドルに両替してもらうと、両替所によっては両替手数料を取りますが、外貨預金でも同じことが言えます。

外貨預金では、日本円から外国の通貨にして預金をする時、そして外国の通貨から日本円にして払い戻しをする時、この両方のケースで手数料が発生します。アメリカドルの外貨預金の場合、多くの銀行では「1ドルにつき1円」が手数料の相場ですので、それを考慮に入れておきましょう。

ペイオフの対象外

銀行が破綻した時、預金を保護してくれる制度を「ペイオフ」といい、1000万円とその利息が保護されます。ところが外貨預金はペイオフ対象外の金融商品ですので、注意が必要です。

注意点

おわりに

外貨預金を行う際には、その時の為替相場はもちろんのこと、政策金利や為替コストなどにも注意を払って、金融機関や通貨を選ぶようにしましょう。

ガッツポーズ