!シェアご協力下さい!

海外で定着するビットコインでの支払い

海外では定着しているビットコイン

日本ではビットコインで決済をするという手法は定着していませんが、先進国を初めとする海外ではビットコインで買い物ができたり、ホテルの料金を支払ったりと様々な状況で決済ができるというサービスが定着しつつあります。

まだまだ価値が安定していないビットコインなので、決済のタイミングを図るのが難しいですが、海外では日本と違ってクレジットカードの文化が根付いていることもあり、カード決済となるシーンが多いために、ビットコインでの決済が定着しているものと思われます。

ビットコイン

日本でビットコインでの支払いが定着しない訳

海外の店舗でビットコインの取引を行う方法としては、ICカードをスキャニングして取引行うか、スマートフォンなどに表示されるQRコードを読み取ってもらって取引を行うという形式が多くなっています。

クレジットカードでの支払いが定着している海外だからこそ定着した支払い手法となっていますが、日本は「ニコニコ現金払い」というような言葉もあるように現金での取引が多く、小切手や手形での決済を嫌がる経営者の方も多いのではないでしょうか?

また、住宅ローンなどに関しても、日本の場合は審査が他の国に比べて厳格となっているところが見受けられるので、「その場にない現金は無いものと見なす」というような考えが定着しているように思えます。

加えて、日本の場合は「クレジットカードでの決済ができない」という店舗も多いために、カードによる支払いの文化が定着していないというのもひとつの原因でしょう。

ちっちゃいおっさんたち

財布がかさばらない

海外でビットコインでの決済が普及している理由の一つに「財布がかさばらない」ということが挙げられます。海外の国々では日本の倍以上の貨幣や紙幣が発行されている国もあります。

そのような国の場合は、大きな紙幣で決済をするとお釣りが多くなってしまって財布がかさばってしまうということも考えられるので、カードで決済をすることで身軽に行動ができるという利点も生まれます。

最近の日本でもコンビニなどの支払いではおサイフケータイやICカードにチャージすることで細かい小銭をもらわないようにする方が増えてきました。これが定着すれば、日本でもビットコインが普及する要因の一つになるでしょう。

かさばる

まとめ

海外でビットコインの決済が主流になりつつある背景としては、文化的な要素が大きく関わっていると思われます。クレジットカードを始めとするカードでの決済や小切手での決済が定着しているのも日本よりも海外のほうが多いでしょう。

一方、日本ではクレジットカードや小切手よりも現金での決済を重要視する考えにあり、これらがビットコインが日本で普及していない要因になっていると思われます。先進国に遅れを取らなためにも、改善が必要です。

世界と日本