!シェアご協力下さい!

日本でのビットコインの必要性

日本はビットコイン発展途上国

2008年にビットコインが誕生してから現在で6年が経過しましたが、まだまだ日本国内ではビットコインが普及していない状況となっています。

アメリカやヨーロッパといった先進国を始めとして、シンガポールやタイ、フィリピンなどでもビットコインによる決済手法が確立されつつある現在、ビットコインに関しては日本が出遅れているという状況は否めません。

しかし、日本でも様々なシーンでビットコインによる決済手法を利用したほうがオトクになるケースも多いですので、今回はその辺りについて紹介していきます。

日本のビットコイン

ビットコインで海外サービスを利用

日本国内で買物をするのならビットコインを所有している意味は、それほどありません。しかし、最近ではインターネットを通じて海外のサービスを利用する方も多くなってきているので、それらを利用するのならクレジットカードや銀行振込で現金を支払うよりもビットコインのほうが手数料も安く、送金に掛かる日数も少なくなっているのでオススメとなっています。

通常、銀行振込で日本からアメリカの口座に入金した場合は3日間~10日間ほどの時間がかかることが多いですが、ビットコインの場合は10分もあれば送金が完了します。そして手数料に関しても、現金での振込の場合は数千円の手数料がかかることも珍しくありませんが、ビットコインなら無料もしくは数十円の手数料となっています。

この2点だけを見ても、海外に送金をするという機会があるのならビットコインを活用したほうがオトクになるということになります。

ビットコイン

ビットコインを投資目的で所有

ビットコインの特徴として「日本国の税法に抵触しない」ということが挙げられます。もちろん、経理として計上することも可能ですが、計上しないという選択肢が残されているということにも繋がります。ましてや個人の場合は調査をすることも出来ないという状況になるので、投資目的で所有する個人の方が多いのも特徴的です。

例えば、昨年の12月の時点での1ビットコインの平均相場は「800USドル=約95,000円程度」でした。それが、現在では「300USドル=35,000円程度」となっているので、これほど大きな価値の変動があれば投資として利用する方も多くなるということに繋がります。

逆に考えると大損する危険性も高いですが、利益を得ることも出来、なおかつ税金が発生しないとなれば、投資家にとって一考の余地がある商品ということになります。

舞うお金

まとめ

まだまだ日本国内ではビットコインが普及していないという状況にありますが、これからはインターネットを通じて世界中とコンタクトが取れる時代になっていくと思われます。

その時に無駄な手数料や余計な時間を掛けて取引を行うのならビットコインで決済をしたほうがオトクだということを知っていれば、選択肢が広がることでしょう。

大きな事件などもあり、安全性が確立されていないビットコインですが、法整備が完了し、人々に認識されるようになれば、大きく前進するのではないでしょうか。

笑う赤服の女