!シェアご協力下さい!

ビットコインの基礎知識

ビットコインは通貨なのだろうか?

ビットコインの使い方としては通貨と同じように使用するので、「通貨である」という認識を持っている人が多いですが、ビットコインは通貨ではありません。

通貨というのは、国が発行している貨幣または紙幣となっていることが前提です。しかしビットコインは、誰かが発行しているものではなく、「コンピュータのプログラムによって生成されているもの」ですので、正確には通貨ではないということになります。

ビットコインが通貨と同じ価値を持って取引されているのは「現金で購入できる」という点にあります。現金で購入できるということと、クレジットカードや他のウェブマネーと比べて手数料が安くなっているために、海外ではメジャーな取引方法となっていますが、日本では浸透していないのが現状です。

ビットコインふたつ

ビットコインを手に入れる方法

ビットコインの入手方法としては、主に3つのパターンに分かれます。

1.現金でビットコインを購入する
2.自分で立ち上げたサービスの決済方法にビットコインを導入する
3.ビットコインを「採掘する」

1番や2番については、ビットコインを通貨の代わりとして取引する手法なのでイメージしやすいと思いますが、3番の「採掘する」というのは、他の仮想通貨には無いビットコイン独自の特徴となっています。

採掘というのは、PCのプログラムを用いてビットコインを手に入れる方法なのですが、現在では採掘され尽くした状態に近くなっていて、新規にビットコインの採掘を行うのは不可能に近いです。そのため、採掘に関しては特殊な事例として、頭の片隅にでも入れておけば問題ありません。

ビットコインいっぱい

海外サービスでのショッピング時に便利

近年の日本では、個人でも海外の製品を購入したり、海外のサービスを利用することが増えてきましたが、クレジットカードで為替状況を調べて購入するよりも、ビットコインを用いた方が安くなるケースも多くなってきています。

現状の使い方としては、海外のものを購入する際に利用すると便利です。ビットコインは日本では新しい取引通貨となっていますが、世界では今や、メジャーな取引方法の一つとなっています。

インターネット